筆記試験5時間!ドイツのエリート教育の中身

マークシートが多い日本のセンターと大違い

ドイツの学校は自分の修学具合を見て自主的にもう1年やり直したり、ギムナジウムから実科学校へ移ったりするようなケースもある。もちろん一定の成績に満たない場合も同様のことを行う。つまり「留年」だ。そういう生徒はドイツ全国で2.8%程度いる。また学校制度は各州文科省管轄になり、細かい部分で州ごとに異なる。学力的に南ドイツは高いレベルを問われる傾向があるが、そのせいか、バイエルン州(ドイツ南部の州)のとあるギムナジウムでは、入学時に150人程度いた生徒が、卒業時には100人程度にまで減ったケースもある。これは留年などで生徒が減り、さらに1学年上の生徒が留年で加わったプラスマイナスの結果だ。

アビトゥア付与はギムナジウムの最後の2年間の成績と、最終学年に行われる試験で決まるが、もちろん全員が受かるわけではない。再チャレンジは可能だが、それ以上はもうチャンスはない。いずれにせよ、制度からみても、ギムナジウムとアビトゥアはなかなかハードだ。

パンを持ち込み、5時間のテスト

次に試験内容を見てみよう。州文科省が作るかたちで、記述と口頭の2種類に分かれる。バイエルン州の例を踏まえながら、ある程度単純化して紹介する。

筆記試験では数学とドイツ語(国語)が必須で、さらに別の言語、英語、ラテン語、フランス語のいずれかを選択する。

口頭試験は自然科学と人文科学に分かれる。自然科学は科学、物理、生物などの学科から、人文科学のほうは政治・法学、歴史、倫理/宗教、地理学などから選ぶ。

アビトゥア試験は5~6月の間で行われるが、1日1科目、計5回。自分が通う学校で試験を受ける。驚くべきは筆記試験の時間だ。数学は4時間、ドイツ語などになると5時間余りかかる。生徒たちは菓子類やパンを持ち込んで、試験に臨むのだ。

次ページ書いて書いて、書きまくる
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT