「ワカメとネギの味噌汁」が実はNGであるワケ

知ると役に立つ「食べ合わせ」の知識

降圧剤×グレープフルーツ

これはNG。降圧剤とは、主に高血圧の治療に使われる薬で、血圧を正常範囲までしっかりと下げてコントロールするのが目的。体内に入ると、肝臓にある酵素で分解される。ところがグレープフルーツに含まれる成分は、この働きを阻害してしまうという。

「そのため薬が体内に長くとどまり、効果を強めてしまうおそれがあります。血圧を余計に下げてしまうんです」

と植田先生。グレープフルーツの実を食べるだけでなく、ジュースを飲んでも同じ作用が。薬を飲む前に、食べたり飲んだりするのはやめておこう。ただし、同じかんきつ類でも、みかんやオレンジは大丈夫だとか。

ワルファリン×納豆

植田先生によると、これもNG。

「ワルファリンは血液を溶かす薬。血栓ができるのを防ぐ作用があります。血液を固めるにはビタミンKが必要で、これは納豆や青汁に多く含まれている成分。

つまりビタミンKは、血液をサラサラにするワルファリンの効果を減少させるので、納豆や青汁と一緒にとるのはNGということ。病院でも、ワルファリンを服用している患者には注意を促していると思いますよ」

納豆や青汁のほかにも、クロレラ、ハーブティーなどに含まれているセント・ジョーンズ・ワート、話題のユーグレナ(ミドリムシ)もビタミンKは豊富。ワルファリンを服用している人は、やはり注意したほうがよさそう。

薬を水以外で飲むのはアリ?

鎮痛薬・かぜ薬×お茶

つい手近にあるもので飲んじゃうけれど、本来ならば、どんな薬も水か白湯で飲むのが基本。とはいえ、最近は少し事情が違ってきている様子。

「よく患者さんから問い合わせがあるんですが、薬によっては、ペットボトルの緑茶やウーロン茶でもいいとお答えしています。赤ちゃんや小さなお子さんに限り、ジュース類で服用していただくこともあります」(都内の薬剤師)

ただ、鎮痛薬にはカフェインが含まれていることが多く、紅茶や緑茶などで飲んだ場合は過剰摂取になってしまう。なので、やっぱりNG。

風邪薬も同様に、眠気を軽くするためにカフェイン含有の場合があるので、せめてカフェインレスのほうじ茶や麦茶で飲むのがよさそう。

〈お話を伺ったのはこの方〉
植田美津恵先生
医学博士、医学ジャーナリスト。愛知医科大学客員教授、東京通信大学准教授。各大学にて教壇に立つほか、医学番組の監修、テレビコメンテーター、講演活動を行う。近著に『忍者ダイエット』(サンドランチ)
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT