優秀な学生がパッとしない社会人になる理由

大人になってからも学び続けることが必要だ

どれだけ知識を身に付けても、どれだけスキルを習得しても、それらをいざというときに発揮できなかったり、価値が認められなかったりすれば、学習の成果はなかったに等しいということだ。

アダルトラーニングの3つのメリット

なおアダルトラーニングには、3つのメリットがあると清水氏は記している。一つひとつを確認してみよう。

①プロとして稼げるようになる

目まぐるしく変化する現代ビジネス社会において、すべてのビジネスパーソンは、つねに新しい知識やスキルを、バリューを生み出すレベルまで、スピーディに学び続けることを求められるもの。

清水氏いわく、この「バリューを生み出すレベル」という部分が重要で、ここが「チャイルドエデュケーション」との違い。そして、学んで力をつけることで、これが効率よく可能になるのだという。

②順応力がつく

人生100年時代には、1つの仕事、1つの職場だけでキャリアをまっとうすることが難しくなる。しかし学び方を身に付ければ、新しい仕事や職場においても、すぐに結果を出せる順応力が身に付くそうだ。

③なりたい自分になれる

知識やスキルを自在に身に付けることができれば、自分のキャリアや人生を思うとおりにデザインすることが可能。自分がやりたいことに合わせて、学び、稼ぐことができるということだ。

ちなみに清水氏も独立してからは新たな取り組みにチャレンジし、日々「学び」続ける毎日を送っているそうだ。しかも、だからといってプライベートを犠牲にするようなことはしていないというのだから驚く。

『一流の学び方』(清水久三子著、東洋経済新報社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

そんなことが本当に可能なのかと感じるかもしれないが、つまり本書においては、「なぜ、そのようなことが可能になるのか」ということについての根拠が示されているのである。

具体的には、「学び」を「稼ぎ」に変えるためのステップ、基礎知識を素早く吸収するためのメソッド、応用力とオリジナリティのつけ方などが明かされていく。

そのため読者は、宝探しをしながら前に進むような感覚で、「よりよい学び方」を身に付けることができるだろう。しかもその方法は普遍的なので、一度身に付ければ長く活用できることは確実。さらなるスキルアップを目指したいのであれば、ぜひとも読んでおきたい1冊だ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。