トヨタ「C-HR」、SUV1位の裏に透ける息切れ感

「RAV4」の来春登場後も王座を保てるか

当初はなかったツートーンカラーも用意され、バリエーションが広がっている(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

トヨタ自動車のコンパクトクロスオーバーSUV「C-HR」を街中で見かけることが増えた。

SUVジャンルで1位に輝いた「C-HR」

日本自動車販売協会連合会(自販連)の統計によるとC-HRは2017年度(2017年4月~2018年3月)に10万2465台(月間平均約8500台)を売り、乗用車ブランド通称名ランキング(軽自動車除く)で全体4位、ホンダ「ヴェゼル」(6万1378台で全体15位)に4万台以上の差をつけてSUVジャンルで1位に輝いた。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

C-HRは2016年12月に登場。排気量1800ccエンジンとモーターを併用するハイブリッド車と1200ccのターボエンジンを搭載する2タイプのパワートレーンを擁する。従来ハイブリッド車は前輪駆動(FF)、ターボは4WD(4輪駆動)のみだったが、今年5月7日には一部改良に併せてターボにもFF車が設定された。車両本体価格は229万~292万9200円となっており、全長4360×全幅1795×全高1550~1565mmという車体サイズだ。レクサスを除くトヨタ4系列(トヨタ店、カローラ店、トヨペット店、ネッツ店)の販売店すべてが取り扱っている。

そんなC-HRは発売当初、販売現場から「売りにくいクルマになるかもしれない」という声が出ていた。趣味性の高いクーペSUVスタイルのため、後席の居住性や積載性能、後方視界が犠牲になっており、実用性を重視するユーザーには受け入れられない可能性があった。

また、当初はターボにFFがなく車両本体251万円台が最安だった価格設定によって、競合のコンパクトクロスオーバーSUVであるヴェゼルやマツダ「CX-3」と比べたときの割高感や、トヨタの上級SUV「ハリアー」との価格差が少ないことから、C-HRを検討するユーザーの一部が、競合車やハリアーに流れかねないことなどが懸念されていた。

次ページ順調に販売台数を積み上げている
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT