エアレース室屋選手、千葉戦への期待と重圧

母国開催の凱旋レースで3連覇なるか

最終フライトとなるファイナル4で室屋は2番目に飛び、1番目のナイジェル・ラム(イギリス)のタイムより速いため、3位以内が確定となった。続くカービー・チャンブリス(アメリカ)も室屋のタイムに及ばず、室屋の順位が2位以上に。最後に飛んだマルティン・ソンカ(チェコ)は、果敢に攻め続け1周目のタイムで室屋を上回った。

2周目に入ってもソンカの勢いは増していたが、終盤に少し失速をしてゴールをした。会場からは大歓声が沸いた。室屋が0.105秒の差でソンカを破り、待望の初優勝を決めたのであった。

2017年の千葉で2連覇を達成

3回目の開催となった2017年千葉大会では室屋に熱狂するファンが多くなり、会場周辺を1人で歩けるような状況ではなくなっていた。そのため車で移動をするなどして、レースに集中できる環境作りに徹していたという。

予選4位の室屋は、ラウンド・オブ・14でペトル・コプシュタイン(チェコ)と対戦し、0.007秒と紙一重の差で勝利を挙げた。続くラウンド・オブ・8の対戦相手はマット・ホール(オーストラリア)で、先行の室屋はインコレクトレベル(エアゲートを水平に通過できない違反)のペナルティを犯してしまったのだ。

だがマット・ホールもまた、クライミング・イン・ザ・ゲート(水平ではなく上昇しながらエアゲートを通過する違反)のペナルティを受けてしまい、室屋がどうにか勝利を奪い取った。

千葉大会2連覇を果たした室屋選手(写真:Jason Halayko//Red Bull Media House)

ファイナル4に入っても、室屋に勝利の女神が微笑んでいた。マティアス・ドルダラーとマルティン・ソンカもペナルティを受けてしまったのだ。

室屋は安定的なフライトを敢行すると、ペトル・コプシュタインよりも速かったため、悲願の連覇を達成。このシーズン、第2戦(サンディエゴ)に続く2連勝と勢いに乗った室屋は年間4勝を遂げ、初の年間総合優勝を果たしたのだった。

ディフェンディングチャンピオンとなった室屋のチームファルケンは、昨年の10月の最終戦(米・インディアナポリス)の後から2018年2月の開幕戦(アブダビ)までほぼ休みなしで機体の改良を進め、シーズンに突入した。

室屋選手の機体のコックピット部分(筆者撮影)

初戦で2位となり上々の滑り出しを切って迎えた4月の第2戦の仏・カンヌ。機体を大幅にアップデートして挑んだ。

開幕戦からカンヌまでに2ヶ月半もの期間があったため、室屋のチームはウイングチップ(翼の周辺に出来る空気の渦を制御する翼の一部)とエンジンカウル(エンジンの冷却の役割も果たすカバー)の改良に取り掛かった。

次ページ改良したことでの効果は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。