日本人唯一のエアレーサーは何がスゴいのか

世界を転戦する室屋義秀選手の操縦機に同乗

エアレーサー室屋義秀選手(右)が操縦するエアロバティック機を体験
6月4、5日に千葉県立幕張海浜公園で開かれた世界選手権「レッドブル・エアレース2016」を前に、同レースに日本人唯一のエアレーサーとして参戦する室屋義秀選手が凱旋帰国。室屋選手を支援するブライトリング主催の体験フライトが、室屋選手の地元福島県で開催され、世界レベルの曲技の一端に触れた。

最高のスリルはここにある

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

「どうしてもダメというときは挙手してください。ハハハ」。最も忙しいはずの、まさに離陸せんとするタイミングで、パイロットがインカムを経由して前に座る僕に声をかけてきた。すごく気軽に。まだ飛び立っていないのにもう挙手したい気分だった。

4月某日、新幹線とタクシーを乗り継いで、福島県の農道空港「ふくしまスカイパーク」へ向かった。レッドブル・エアレーサーとして世界を転戦している室屋義秀選手が操縦するエアロバティック機に乗せてもらえるというからだ。

主催はブライトリング・ジャパン。ブライトリングといえば、1936年に英国空軍のサプライヤーとなったのを皮切りに、多くの航空関係者に愛用されてきた。52年に発売されたナビタイマーは航空用回転計算尺を備え、瞬く間にパイロットウォッチの定番となった。ブライトリング・ジャパンは2007年から室屋選手をサポートしている。

エアロバティック機「エクストラ300L」

この日、同社が所有する2座のエアロバティック機「エクストラ300L」は完璧に整備されて、いつでも離陸できる状態にあったが、機体はハンガーに入ったまま。朝から続く強風で飛べないのだ。風が弱まって機体を滑走路へ出しては、また風が強まってハンガーに戻すという状態が続いた。スタッフが何度も控室に顔を出し、その度に「風が弱まらなければ飛べない可能性もあります」と申しわけなさそうに呼びかける。

次ページ待っている間、室屋選手に話を伺った
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT