伊豆大島台風被害、一気に襲う土石流の怖さ

万全の溶岩流対策の一方、抜け落ちていた土石流対策

「見当がつかない」と変わり果てた山で先祖代々の土地を探す下田昭彦さん
10月16日朝、台風26号の直撃により甚大な被害を受けた伊豆大島(東京都大島町)。19日までに27人の死亡が確認され、依然として21人が行方不明となっている。さらに、新たな台風の接近による二次被害も懸念される状況だ。17~18日に現地を取材したジャーナリストの関口威人氏が、被災の状況、その原因ついて報告する。

 

「見当もつかないよ。こんなに日の当たるところなんてなかったんだから」--むき出しの山肌を前に、下田昭彦さん(69)は悲鳴に近い声を張り上げた。

台風26号による土石流の直撃を受けた伊豆大島の三原山。下田さんはその中腹に1000坪ほどの山林を所有していた。ふもとの元町1丁目でペンションを営みながら、土地のある元町神達(かんだち)に足しげく通い、代々引き継いだ山を守ってきたのだ。

「テレビでは神達という地区が分かれているように報道されているけれど、そうじゃない。神達は集落としてまとまっているというより、あくまで元町の山側の一部。林の中を林道がジグザグに通り、民家や別荘が点在している場所だった」

まだ行方不明者が多数

しかし、下田さんの見慣れた神達は、もうそこにない。悪夢のような朝から丸2日たった10月18日午前、下田さんは初めて自分の土地を確認しに山を登り、現実を直視した。「かすかに道路が残っているけれど、これがあの登山道か。あんな家がここにあったかな・・・・・・」。記憶の地図はずたずたに引き裂かれてしまっていた。

「あの喫茶店をやっていた知り合いが、行方不明なんですよ」。土砂と流木にまみれてひっくり返った薄ピンク色の建物を指さして、下田さんは声を落とした。

なぜこうなってしまったのか。多くの島民が、茫然自失と自問自答の中にいる。

次ページ避難路周辺にできた集落
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT