伊豆大島台風被害、一気に襲う土石流の怖さ

万全の溶岩流対策の一方、抜け落ちていた土石流対策

画像を拡大
夕暮れが迫る中、元町神達地区で懸命に行方不明者の捜索を続ける消防団員ら

全島民が避難した1986年の噴火が落ち着いて以来、三原山には避難路としてあらたな林道「御神火(ごじんか)スカイライン」が開通。道路沿いにはふもとから中腹にかけて徐々に建物が増えていった。

土地の安さや観光地としての魅力が人を呼び寄せたのだろう。そこに新しい人家が立ち並んでいた。それらが土石流災害により、なくなってしまった。皮肉にも、360度視界がひらけた神達からの眺望は、悲しいほどに美しい。

島全体が溶岩流でできている

そこに住み着いた人たちを、誰が非難できるだろうか。下田さんは「私は山を売らなかったが、売ってくれと頼まれたら考えたかもしれない。溶岩流が危険と言ったって、この島自体が溶岩流でできているわけですから」と代弁する。

下田さんが言うように、大島は島全体が火山。過酷な自然とともに、大島の人たちは何千年と暮らしを営んできた歴史がある。火山噴火の主な現象である溶岩流という脅威についても、よくわかっており、死なないために、さまざまな防災対策を講じてきたはずだった。

次ページ噴火対策の死角
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ザ・名門高校 校風、進学実績、人脈の大研究

復活の日比谷、すごいOBネットワークを持つ開成・灘…。名門と呼ばれるのには「ワケ」がある。歴史、校風、進学実績、そして人脈。北海道から沖縄まで全国の高校を徹底研究。