コナンも驚く日本の「私立探偵」の地味な実態

犯罪の真相解明などはほぼ行っていない

日本の私立探偵は、ひたすら静かに世間からの注目を集めないようにしている(写真:D-Keine/iStock)

2年前、米国在住のある米国人夫婦が小山悟郎という東京の私立探偵を雇った。5歳になる孫の親権を獲得するためだった。小山の依頼人夫婦は、彼らの29歳になる息子と、その2人目の妻が保護者として不適格な育児をしているのではないかと心配していた。

調査によると、息子は無職でアルコール依存症であることがわかった。彼の最初の妻であり、孫の母親である女性は離婚後、姿を消してしまっていた。現在の伴侶である2人目の妻は、息子よりずっと年上のインドネシア人女性で、怪しげなナイトクラブのダンサーであり、おそらくは売春婦でもあった。息子一家は政府の生活保護を受け、東京のどこかの公営住宅で暮らしていた。

「昔ながらの手法」で住所を突き止めた

小山はまず息子一家の暮らす住所を見つけ出さねばならなかった。個人情報を収めたデータベースへのアクセスは2012年以降厳しく制限されるようになっていたので、小山は息子一家の住所を見つけ出すために「昔ながらの手法」を用いる計画を立てた。ぎくしゃくとはしていたものの、依頼人夫婦は、息子とは引き続きメールのやり取りをしていた。

そこで小山は、依頼人夫婦に、日本を訪れ、息子一家と東京のレストランで食事を共にするよう勧めたのである。小山は、ひっそりと目立たないように、食事が終わるまでレストランの外で待った。そして、彼は息子一家が帰宅するのを尾行し、彼らの住居を突き止めたのだった。

孫の親権を獲得するために、祖父母である依頼人夫婦は、息子とその2人目の妻が保護者として不適格であることを証明する必要があった。小山は息子夫婦をさらに2、3週間監視した。この調査の結果、息子が無職であることと、2人目の妻がいかがわしい場所で働いていることが明らかになった。

この件では、依頼人夫婦の弁護士たちが太平洋の両側で協力してくれた。米国の連邦当局は息子に対する逮捕状を発行したが、日本の警察は米国側当局と協力することに消極的だった。そこで弁護士たちは依頼人夫婦の孫をその父の承諾なしに米国に取り返す一計を案じた。

次ページ3日間息子のアパートで「待機」した結果…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。