九州発「コスモス薬品」で突然社長降格のワケ

既存店売上高は前年超えが続いていたが・・・

柴田氏は第2四半期の決算会見で「毎日安売りは粗利低下につながるが、短期的に粗利を犠牲にしてでも、さらなる客数増を図りたい」と第3四半期以降の巻き返しを宣言した。だが、その後も思うような結果は出せていなかった。

実際、第3四半期までの累計で売上高は4107億円(前年同期比10.8%増)と増収ながら、営業利益は157億円(同9.2%減)と減益になった。2018年5月期の通期業績も、営業利益は200億円(同10.1%減)と10期ぶりの減益を見込んでいる。

創業者との二頭体制に

次期社長には、取締役営業本部長兼店舗運営部長の横山氏が就任する。横山氏への社長交代について、柴田氏は「営業体制の強化」と説明する。

横山氏は2003年に入社して以降、現在に至るまで店舗運営に携わってきた。「新卒入社ではいちばん長く店舗運営に携わっている人物。現場からの信頼も厚い」(柴田氏)。現場経験の豊富な横山氏にバトンタッチすることで、収益回復を目指す構えだ。

さらに創業者の宇野氏も横山氏を全面的にバックアップする。宇野氏と横山氏の二頭体制を敷くことで、店舗運営を強化して客数の上積みを狙う。柴田氏は「創業者が外れると、こうまでなるかと痛感した。末永く安泰を保つためにも、宇野さんはまだまだやれる」と口にする。

会社側は来2019年5月期も低価格路線を堅持する方針だが、食品スーパーとの競争は過熱するうえ、引き続き人件費負担も重くのしかかりそうだ。採算改善も見据えてPB(プライベートブランド)の強化も図るというが、来期中に一気に拡大するのではなく、あくまでも中長期的に増やしていくという。横山・宇野両氏の二人三脚で収益回復を果たすことはできるか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。