ヤオコー進出で火蓋切る「都内スーパー決戦」

埼玉の好調スーパーがいよいよ都内出店加速

秋に開業予定の「八百幸 成城店(仮称)」。23区進出への布石だ(写真:ヤオコー)

28期連続増益──。イオンなど大型全国チェーンの不振を尻目に、快進撃を続ける食品スーパーのヤオコー。埼玉・川越市を地盤とする同社がこの秋、調布市入間町に約300坪の都市型小型店「八百幸 成城店(仮称)」をオープンする。首都圏スーパー各社の攻防が、激しさを増しそうだ。

「ドーナツエリア」の内側へ

ヤオコーの店舗数は155店(9月中旬時点)で、半数以上は埼玉県内にある。都心から20~40キロメートルの郊外を「ドーナツエリア」として重点出店地域に設定。東京にはわずか8店、23区内にはゼロだ。広さは450~600坪が中心。なぜ今、都市型小型店なのか。

「2022年に250店舗、売上高5000億円」を目指す同社(2016年度の売上高は3430億円)だが、ドーナツエリアは競合他社がひしめき飽和ぎみ。東京23区内は市場が大きいものの、広い土地が少なく建築費も人件費も高いため、従来の店舗モデルでは対応しきれない。そのため、都市型業態を新たに開発する。

次ページ小型店の専門部署を設置
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 若者のための経済学
  • 就職四季報プラスワン
  • シリコンバレー起業日記
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
DMMの変身<br>異色IT企業を大解剖

アダルトビデオで出発し、雑多な事業への参入で膨張してきたDMM.comグループ。事業領域はネット系を飛び出し、約40に広がる。脱アダルトを進め組織体制も変革。それでも「上場は考えない」(亀山会長)。謎多き会社の実態に迫った。