ヤオコー進出で火蓋切る「都内スーパー決戦」

埼玉の好調スーパーがいよいよ都内出店加速

秋に開業予定の「八百幸 成城店(仮称)」。23区進出への布石だ(写真:ヤオコー)

28期連続増益──。イオンなど大型全国チェーンの不振を尻目に、快進撃を続ける食品スーパーのヤオコー。埼玉・川越市を地盤とする同社がこの秋、調布市入間町に約300坪の都市型小型店「八百幸 成城店(仮称)」をオープンする。首都圏スーパー各社の攻防が、激しさを増しそうだ。

「ドーナツエリア」の内側へ

ヤオコーの店舗数は155店(9月中旬時点)で、半数以上は埼玉県内にある。都心から20~40キロメートルの郊外を「ドーナツエリア」として重点出店地域に設定。東京にはわずか8店、23区内にはゼロだ。広さは450~600坪が中心。なぜ今、都市型小型店なのか。

「2022年に250店舗、売上高5000億円」を目指す同社(2016年度の売上高は3430億円)だが、ドーナツエリアは競合他社がひしめき飽和ぎみ。東京23区内は市場が大きいものの、広い土地が少なく建築費も人件費も高いため、従来の店舗モデルでは対応しきれない。そのため、都市型業態を新たに開発する。

次ページ小型店の専門部署を設置
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT