ヤオコー進出で火蓋切る「都内スーパー決戦」

埼玉の好調スーパーがいよいよ都内出店加速

川野澄人社長は「本当は駅前に出店したい」と語り、成城店が軌道に乗れば、23区内に積極的に出店していくという。総菜などに強く、提案力のあるスーパーとして知られるだけに、マルエツやサミットなどライバル各社はヤオコーの動向に神経をとがらせる。

ただ、東京での知名度に劣るヤオコーが城を築くことは容易ではない。

小型店特有の難しさもある。「品数を増やそうとすると通路が狭くなり、買い物しづらい。店員の補充作業などにも工夫が必要」(首都圏スーパー幹部)。ヤオコーは専門の部署を設けて対策を検討中だ。

神奈川で“異例”のM&A

一方、ヤオコーは神奈川で食品スーパーを展開するエイヴイを4月に買収した。M&Aなしの自立成長を重んじてきたヤオコーのこの動きに対しては、競合他社から驚きの声が上がった。

完全子会社化したエイヴイは店舗運営の効率化を徹底し、売上高営業利益率は業界平均の3倍近い約5%。ヤオコーの4.2%をも上回る。ヤオコーは都内への出店加速を前に、エイヴイのノウハウを生かし、ローコスト運営を目指す。

ヤオコーは別ルートでも攻め込む。11月下旬には「浦和パルコ」の地下1階食品売り場に、中核テナントとして出店する。ファッションビルへは初進出だ。

当記事は「週刊東洋経済」10月7日号 <10月2日発売>からの転載記事です

従来は大丸松坂屋百貨店が“デパ地下”をイメージした店舗を展開するも、赤字が続いていた。ヤオコーは牛肉など一部の商品では高価格帯を用意するが、全体的には値頃感のある品ぞろえで勝負するという。

浦和パルコで成功すれば、都心の商業施設から声がかかる可能性もある。ヤオコーの新たな挑戦に業界の注目が集まっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT