ハルカス近鉄が「地元客」で大混雑するワケ

閑散としていた関西地盤の百貨店が一変した

あべのハルカス近鉄本店(大阪市阿倍野区)の10月の既存店売上高は前年同月比2割増を記録した(記者撮影)

大阪南部や奈良を地盤とする近鉄百貨店の基幹店舗「あべのハルカス近鉄本店」(以下、近鉄本店)。地上300mの日本一の超高層ビルに入居し、「売り場面積は日本最大」と鳴り物入りで開業したこの店舗が、ここにきて活況を呈している。

今年10月の近鉄本店の売上高は前年同月比で21.1%増と、百貨店業界の中では異例ともいえる伸びを見せた。近鉄百貨店のIR(投資家向け広報)担当者は「今までに見たことのない数字で、びっくりしている」と驚きを隠せない。11月については現時点で発表されていないが、20~30%増で着地したもようだ。

免税売上高は1割程度にすぎない

ライバルであるほかの百貨店と同様に訪日客需要が旺盛で、近鉄本店の10月の免税売り上げは前年同月比で約8倍と大幅な伸びを記録。一見すると訪日客需要が牽引役にも思えるが、実は近鉄本店の売上高において、免税売り上げが占める割合は1割程度にすぎない。

最大の牽引役は地元客だ。近鉄本店の各フロアを観察していると、中高年層の女性、いわゆる「大阪のおばちゃん」や若い女性、高齢の夫婦など幅広い層の顧客がひっきりなしに行き来しているのがわかる。

10月から気温が低下したこともあり、コートやジャケットなど冬物衣料を買い求める地元客が増加。ここに訪日客需要が加わり、化粧品や高級腕時計などの売り上げも伸びている。

次ページオープン半年で改装実施へ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。