ハルカス近鉄が「地元客」で大混雑するワケ

閑散としていた関西地盤の百貨店が一変した

あべのハルカス近鉄本店(大阪市阿倍野区)の10月の既存店売上高は前年同月比2割増を記録した(記者撮影)

大阪南部や奈良を地盤とする近鉄百貨店の基幹店舗「あべのハルカス近鉄本店」(以下、近鉄本店)。地上300mの日本一の超高層ビルに入居し、「売り場面積は日本最大」と鳴り物入りで開業したこの店舗が、ここにきて活況を呈している。

今年10月の近鉄本店の売上高は前年同月比で21.1%増と、百貨店業界の中では異例ともいえる伸びを見せた。近鉄百貨店のIR(投資家向け広報)担当者は「今までに見たことのない数字で、びっくりしている」と驚きを隠せない。11月については現時点で発表されていないが、20~30%増で着地したもようだ。

免税売上高は1割程度にすぎない

ライバルであるほかの百貨店と同様に訪日客需要が旺盛で、近鉄本店の10月の免税売り上げは前年同月比で約8倍と大幅な伸びを記録。一見すると訪日客需要が牽引役にも思えるが、実は近鉄本店の売上高において、免税売り上げが占める割合は1割程度にすぎない。

最大の牽引役は地元客だ。近鉄本店の各フロアを観察していると、中高年層の女性、いわゆる「大阪のおばちゃん」や若い女性、高齢の夫婦など幅広い層の顧客がひっきりなしに行き来しているのがわかる。

10月から気温が低下したこともあり、コートやジャケットなど冬物衣料を買い求める地元客が増加。ここに訪日客需要が加わり、化粧品や高級腕時計などの売り上げも伸びている。

次ページオープン半年で改装実施へ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT