九州発「コスモス薬品」で突然社長降格のワケ

既存店売上高は前年超えが続いていたが・・・

九州を中心に店舗を展開するドラッグストア大手のコスモス薬品。柴田太社長が、就任わずか10カ月で経営企画部長に降格することになった(編集部撮影)

「私の力不足でした。自ら辞意を申し出ました」。九州地盤のドラッグストア、コスモス薬品の柴田太社長(46)はそう打ち明ける。

5月15日、コスモス薬品は突然の社長交代を発表した。社長の柴田氏が6月1日付で経営企画部長に降格。営業本部長兼店舗運営部長の横山英昭氏(37)が社長に就任する。柴田氏は創業者で当時社長だった宇野正晃氏(71、現会長)からバトンを渡される形で、昨年8月に経営企画部長から社長に昇格したばかりだった。就任からわずか10カ月での降格となる。

「毎日安売り」の功罪

唐突にも思える社長交代をするのはなぜか。背景にあるのがこの1年間の収益悪化だ。

実はコスモス薬品の店舗売り上げ自体は順調に伸びている。柴田氏が社長に就任した2017年8月以降、直近4月までの9カ月間の既存店売上高は前年同月を上回って推移している。

同社はメガドラッグストアと呼ばれる広大な店舗を武器に、食品や日用品、化粧品などあらゆる商材を取りそろえる。中でも牽引役は食品だ。売り上げの約6割を占め、スーパー並みの品ぞろえを誇る。さらに「毎日安売り」を行うことで客の来店頻度を高めてきた。

客数増には貢献する安売りだが、その一方で粗利を悪化させる要因にもなった。そこに時給上昇による人件費増が追い打ちをかけた。これらを吸収できるだけの売り上げを確保することができず、今2018年5月期の第2四半期には10年ぶりに通期業績の下方修正に追い込まれた。

次ページ次期社長に37歳部長を抜擢した理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT