東京ステーションホテルの客がアツい理由

「帰りたくない!」など熱いコメント続出

見物客も入れる、パンフも出し惜しみしない

――東京五輪も決まって、インバウンド(訪日旅行)が増えてくると、外国人スタッフが増えるかもしれませんね。

今は宿泊客の8割強は国内の方ですが、今後は国際的なマナーや儀礼を積み重ねていく必要があるでしょうね。ここは駅の中のホテルですから。「ステーションホテル」を名乗る以上、すべての方を受け入れる。

正面玄関。オープン時も今でも、ふらりと中を訪れる観光客が絶えない

開業直後は物見遊山でゾロゾロ入ってこられる見物客がすごかったので、スタッフから「ちょっと待ってくださいという案内を出すべきだ」とか、「お泊りになる方のための最優先スペースを確保するべきだ」とか、そういうリクエストもありました。エレベーターも満員で動かないし。

見学の方はこちら側から入ってとか、階段で行ってほしいとか、相談がありましたが、すべて却下しました。

――どんなに混雑していようとも。

パンフレットもなくなる。いいパンフレットを作りましたけど、1日何百部と出ていく。明らかに宿泊客ではなく、予約をしようとお考えの方でもないと想像できます。そして当然、足りなくなり、増刷をかけなければならなくなる。そこまでコストはみていない。それでも全員に配る。

たまたま通りかかったら、そういえば東京駅が新しくなったというから、ちょっと寄って行こうかと家族で中へ入って、パンフレットを持って行く。家へ帰って「お父さん、今日楽しかったね」と旅のアルバムにする。

「それでいいじゃないか、そういうホテルにしなくてはいけない」と言い続けています。

(撮影:風間仁一郎、尾形文繁)

※この記事の後編は、10月28日(月)に公開予定です。

 

筆者が手掛けた東洋経済オンラインのホテル連載が、電子書籍「1泊10万円でも泊まりたい ラグジュアリーホテル 至高の非日常」(小社刊)になりました。10万円以上するような部屋に泊まりたいと思わせるラグジュアリーホテルの魅力とはいったい何なのか。厳選9ホテルの総支配人たちが大いに語っています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT