東京ステーションホテルの客がアツい理由

「帰りたくない!」など熱いコメント続出

開業準備でスタッフが集まったときに、接客や言葉遣いとか、ほかのホテルならいちばん時間をかけること以上に、とにかくこの駅、このホテルがどうして作られて、100年前当時の時代背景はどうなっていたのかを勉強しました。

なぜ洋風のレンガ造りと決めたのか、誰が決めたのか。100年間に紡がれてきた思い出や出来事は何があったのか。今回再開業するに当たっては、どういった人たちがかかわって、どれだけの困難があって、職人さんたちがどれだけ大変だったか、それをひたすら勉強することに、徹底的に時間をかけました。

もちろんサービスは大切ですが、それよりも大切なこと。逆に、従業員の言葉遣いなどは直さなかったですね。

――それは、ほかのホテルではまずないことですね。

松本清張『点と線』の時代から変わらない、東京駅の存在感

直さなかった。逆に「それでいい」と言いましたから。

集まった従業員の3割がグループ社員で、7割が外部から。東京の俗に言うフルサービスのシティホテル経験者は非常に少ない。地方の旅館の仲居さん、地方のビジネスホテル。

開業前の飲み会でたまたま私の前に座った女性が鹿児島県出身で、「まあ、せっかく東京に出てきたので、標準語しゃべれなきゃダメですよね」と言う。

「何言ってるんだ」と。「関係ない、そういうことをするホテルじゃない。切れ味の鋭いサービスはいらない。かえって人を傷つけるから」。

「俺たちのホテルはそういうことじゃなくて、あなたらしくすれば、そのままでいいんだ。その代わり、九州の方が来たら、鹿児島の方が来たら、他人にできない接客をしなさい」と。彼女は「それでいいんですか?」。私は「それでぜんぜんいいんだ」と言いました。

――まさに東京って、そういうところですよね。ましてターミナル駅というのは。

そうだと思います。だから彼女はもう、生き生きとやっていますね。

次ページ見物客まで、すべて受け入れる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT