デキる人は「寝る・風呂・歩く」を怠っていない

あの「イエスタデイ」は夢から生まれた

とはいえ、クリエイティブ思考を活性化するために必ずシャワーを浴びなければならないわけではない。自分だけのシャワーヘッド……つまり、心を自由にさまよわせることができる空間を見つければいいのだ。海辺の歩道でもいいし、郊外へのドライブでもいいし、自宅の奥まった読書スペースでもいい。

電気技師で発明家のニコラ・テスラは、数々のすばらしいアイデアを生み出したが、最善のアイデアの一つが生まれた場所は、研究室ではなかった。彼が交流電流という概念を思いついたのは、のんびりと散歩していたときだったのだ。

ウォーキングは移動式瞑想

歩いていて偉大なアイデアを思いついたテスラの物語は特別なものではない。イマヌエル・カントは、住んでいたドイツ・ケーニヒスベルクの街を毎日1時間かけて散歩するのが日課だった。

カントはきわめて律儀にこの習慣を守った。毎日、午後の決まった時間に決まった場所を通過したので、街の人はカントが家の前を通りすぎるのに合わせて時計の針を直したそうだ。記録によれば、カントが散歩しなかったのは一度だけで、それはジャン=ジャック・ルソーの『エミール』に夢中になり、読み終えるまでの数日間、家に閉じこもっていたときだけだった。

カントはひとりで「哲学の道」(彼にちなんで名付けられた)を散歩するのが好きだった。ひとりなら、会話せずにすんだからだ。体が弱かったカントは口をあけずに鼻呼吸した。そのほうが、哲学の探究といったテーマについて、考えを巡らせやすかった。

『FUTURE INTELLIGENCE これからの時代に求められる「クリエイティブ思考」が身につく10の習慣』(書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします)

チャールズ・ダーウィンも、毎日の散歩を大切にしていたことで知られる。お供にポリーという名の白いフォックステリアを連れて、ケント州ダウン村の「思考の小道」と自ら名付けた道を歩いた。この散歩は単に運動のためではなく、内省したり、クリエイティブ思考を孵化させたりするためでもあった。

オーストラリアの哲学者デイモン・ヤングによると、それはいわば「移動式瞑想」で、ダーウィンは散歩することで深い思考とクリエイティブ思考を刺激したのだ。

自然の中を歩くと脳に生理学的変化が起きて、いらだちとストレスが減り、心が研ぎ澄まされ、高次の瞑想が可能となり、気分も良くなる。その結果、クリエイティブ思考とより強くつながることができるのだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。