口うるさいフランス人が使う強烈な"皮肉"

こんな「悪のマクシム」が生きる武器になる

フランス人たちの言葉の短刀、「悪のマクシム」とは…?(写真:Teamjackson/iStock)

マクシムというフランス語があります。「箴言」(しんげん)と訳されるこの言葉は、ルイ十四世の時代に生きた文人ラ・ロシュフーコーの著作『Reflexions ou sentences et maximes morales』が短く『Maximes』と略されたことから一般に流布するに至りました。教訓、諌めの言葉といった意味です。

世界のなかでも、口うるさいフランス人は、いまだに議会で、ジャーナリズムで、さらには会社で、あるいは家庭でも、戦いなくして敵を倒すための「エスプリのバトル」を日夜繰り返しており、マクシムは、この仮借なき戦いを勝ち抜くための武器として、今日でも重宝されています。ラ・ロシュフーコーやラ・ブリュイエール、パスカルなどのマクシムを満載した本やウェブサイトが日々、閲覧されているほどです。

私は中学生のころにマクシムに深く魅せられて以来、マクシム・コレクターとなり、現在に至るまで、マクシムの蒐集に明け暮れています。そこで、言葉を武器とせざるを得ないビジネスパーソンのみなさんに、本日は鋭い武器となるような、とっておきのマクシムを紹介しようと思い立ったわけなのです。

終わっている上司に贈りたいマクシム

まずは、物分かりの悪い、アホな上司に、思わず腹が立ってしまったあなたへ贈るマクシムです。

「凡人は、概して、自分の能力を超えることをすべて断罪する」
(ラ・ロシュフーコー)

格差社会が問題となり、世界の1%の金持ちが残りの99%の貧乏人を支配しているといわれています。才能の格差というのも同じ比率で、非凡人は1%、残りの99%は凡人です。

民主主義は、99%の凡人の考えによって決定されることが多いといえるでしょう。結果的に、「自分の能力を超えることをすべて断罪する」凡人が、99%の人の支持を得て支配者となる時代がやってくるのです。

次ページ切れ者に見せようとする人の”不幸”
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT