口うるさいフランス人が使う強烈な"皮肉"

こんな「悪のマクシム」が生きる武器になる

フランス人たちの言葉の短刀、「悪のマクシム」とは…?(写真:Teamjackson/iStock)

マクシムというフランス語があります。「箴言」(しんげん)と訳されるこの言葉は、ルイ十四世の時代に生きた文人ラ・ロシュフーコーの著作『Reflexions ou sentences et maximes morales』が短く『Maximes』と略されたことから一般に流布するに至りました。教訓、諌めの言葉といった意味です。

世界のなかでも、口うるさいフランス人は、いまだに議会で、ジャーナリズムで、さらには会社で、あるいは家庭でも、戦いなくして敵を倒すための「エスプリのバトル」を日夜繰り返しており、マクシムは、この仮借なき戦いを勝ち抜くための武器として、今日でも重宝されています。ラ・ロシュフーコーやラ・ブリュイエール、パスカルなどのマクシムを満載した本やウェブサイトが日々、閲覧されているほどです。

私は中学生のころにマクシムに深く魅せられて以来、マクシム・コレクターとなり、現在に至るまで、マクシムの蒐集に明け暮れています。そこで、言葉を武器とせざるを得ないビジネスパーソンのみなさんに、本日は鋭い武器となるような、とっておきのマクシムを紹介しようと思い立ったわけなのです。

終わっている上司に贈りたいマクシム

まずは、物分かりの悪い、アホな上司に、思わず腹が立ってしまったあなたへ贈るマクシムです。

「凡人は、概して、自分の能力を超えることをすべて断罪する」
(ラ・ロシュフーコー)

格差社会が問題となり、世界の1%の金持ちが残りの99%の貧乏人を支配しているといわれています。才能の格差というのも同じ比率で、非凡人は1%、残りの99%は凡人です。

民主主義は、99%の凡人の考えによって決定されることが多いといえるでしょう。結果的に、「自分の能力を超えることをすべて断罪する」凡人が、99%の人の支持を得て支配者となる時代がやってくるのです。

次ページ切れ者に見せようとする人の”不幸”
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT