口うるさいフランス人が使う強烈な"皮肉"

こんな「悪のマクシム」が生きる武器になる

そして、もしあなたが、今も、そして今後も、人間関係で苦労をしたくないのなら(あるいは、周囲からの嫉妬・怨嗟という鋭い矢に貫かれたくないのなら)、謙虚という隠れ蓑で体を覆っておくことをおすすめします。
謙虚という隠れ蓑は、時に「鎧・兜」として役に立ちます。

恋愛に悩んだときのマクシム

最後に、恋についてのマクシムも紹介しましょう。ラ・ロシュフーコーは熱烈な恋に生きた人であり、また彼がマクシムを考えた貴族のサロンの主たる話題は恋愛でした。

「ほんとうの恋というのは幽霊のようなものである。だれもがその話をするが、実際に見た人はほとんどいない」(ラ・ロシュフーコー)

 

さらに加えるなら、恋の対象をはっきり見るということも、男にとっても女にとってもいちばん難しいことなのです。もっとも、これができるような人は、恋愛などしないのですが。

「恋というのは燃えさかる火と同じで、絶えずかき立てられていないと消えてしまうものである。そして、希望をもったり、あるいは逆に不安になったりしなくなったとたん、それは生きることをやめるのである」(ラ・ロシュフーコー)

 

恋というのはひとつの「状態」ですから、「維持」しようという気持ちがなければたちまち変質してしまいます。そう、恋というのはマンションと同じで、手に入れるよりもメンテナンスにコストがかかるものなのです。

「嫉妬はかならずや愛と同時に生まれるが、かならずしも愛と同時に死ぬとはかぎらない」(ラ・ロシュフーコー)

 

『悪の箴言(マクシム) 耳をふさぎたくなる270の言葉』(祥伝社)書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

このマクシムを私なりに言い換えると「嫉妬は愛よりも長生きする」。
嫉妬は愛が生んだ子どもであるからして、愛が死んだ後も、なおしばらくは生き続けるのです。

離婚した元夫や別れた元恋人による殺人というのも、実は、こうした愛よりも長生きする嫉妬に起因しています。愛が死んだあとも嫉妬はピンピンしているから、どうしても、そこから強烈な憎しみが生まれてくるのです。

いかがでしたでしょうか。今回紹介したマクシムは、私が、生涯をかけて集めた270のマクシムを収録した『悪の箴言』からご紹介しました。

言葉の短剣は、両刃の剣。使い方には気をつけてお使いください。何かの壁にぶつかったときに、そっと心の中でつぶやいてみるという使い方からはじめられることをおすすめします。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。