「暗闇フィットネス」が日本で成功した3理由

羞恥心を感じさせない空間力がポイント

「フィットネスカルチャーを変えよう、という考えがもともと弊社社長にあり、常にアンテナを張っていました。そんな折、訪米していた役員が”レディガガが20キロやせたという、バイクエクササイズはどうか?“と提案。

さらにクラブカルチャーが好きな担当者の発案もあって、バイクエクササイズにクラブ要素を組み合わせた『FEEL CYCLE』を立ち上げたところ、大ヒットとなりました。”暗闇”要素が日本人に好評だったため、第二段としてチェコスロバキア発祥のトランポリンに着眼。日本人向けに開発しました」

日本人にマッチした3つの理由

なぜここまで、暗闇トレーニングが日本人にマッチしたのか?それには、3つの理由があると分析。そこに見えてきたのは、ファスト、ファン、コンビニエントなまったく新しい魅力だ。

“羞恥心”を感じさせない空間力

まさに、日本人特有の”羞恥心“という文化的背景が最大のポイントに。暗闇で人の目に触れないため、「体型に自信がない」「下手だと恥ずかしい」「運動中に人と顔を合わせたくない」という人にも安心。しかも、トランポリン台や自転車の位置をネット予約時に指定できるシステムもあり、自信がないから後方がいい、先生が見えやすい最前列がいい、など好みで選択ができるのも嬉しい限り。

②エンタテイメントの要素が大きい

バイクエクササイズやトランポリンといういわゆる”ファントレ”に”暗闇“が加わることで、エンタテイメント要素は倍増。一人で来ているのに、暗闇の異空間の中では不思議な一体感に包まれるのだ。

体験前は、こうした”クラブ感“に自分がいることこそが、(アラフォー筆者には)”羞恥心”そのものなのではないかと勘ぐっていたのだが、始まってみれば暗闇が隠れ蓑となって、恥ずかしさなんて瞬時に吹き飛ぶ。ハイテンションのインストラクターの掛け声と音楽に、こちらのテンションも負けじと急上昇、周りも頑張ってるし多少辛くてもがんばれる。

しかも辛いときは暗いからサボリやすい(!)。だからちっとも嫌にならない。本当に楽しくてストレスフリーなのだ。しかも1レッスン400kcal~800kcalのカロリー消費量というのも励みになる。

「エクササイズは、辛いだけではだめ。こんなに体を動かせた、楽しかった、というメンタル的な充実感が高いから続けられるのだと思います。単なる体を動かす場所では続かないし、女性はハマらないと考えています」

次ページ朝7時台のレッスンは当たり前
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。