アカデミー賞に「VR部門」ができる日は来るか

ヴェネチア・カンヌではVR作品の上映も実施

SXSW2017で開催された「The Mummy VR Experience」(写真:HILLS LIFE DAILY編集部提供)
「VR元年」とささやかれた2016年から、時を経ること2年。満を持して、スティーブン・スピルバーグがVRをモチーフにした作品を発表した。そもそもここ数年、映画とVRの関係性はどのような歩みを見せていたのだろうか。映画ジャーナリスト 立田敦子氏に聞いた。

スピルバーグが考えるVR空間の中身

テキサス州オースティンで、3月10日から開幕した世界最大規模のクリエイティヴ・ビジネス・フェスティバル「SXSW(サウスバイサウスウエスト)2018」。11日(日)は、イーロン・マスク(テスラCEO)が登場したことで話題を呼んだが、同日、同じく長蛇の列を作ったのが、映画『レディ・プレイヤー1』のワールドプレミアに先立って始まった、同作品のVRエクスペリエンスだ。

当記事は「HILLS LIFE DAILY」(運営:コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

『レディ・プレイヤー1』は、VRゲーム内を舞台にしたアーネスト・クラインのベストセラーSFを、スティーブン・スピルバーグが映画化した話題作である。

かつて『アバター』(監督:ジェームズ・キャメロン / 2009)が3D映画の嚆矢となったように、本作品が「映画 × VR」表現のひとつの試金石となる。

「SXSW、映画、VR」で思い出されるのが、昨年、『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』(主演:トム・クルーズ)のプロモーションとしてSXSW2017で開催された「The Mummy VR Experience」だ。同プロモーションを現地で体験した映画ジャーナリストの立田敦子氏に、当時の様子を聞いた。

次ページ「映画とVR」の流れは2015年頃から
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT