アカデミー賞に「VR部門」ができる日は来るか

ヴェネチア・カンヌではVR作品の上映も実施

SXSW2017で開催された「The Mummy VR Experience」(写真:HILLS LIFE DAILY編集部提供)
「VR元年」とささやかれた2016年から、時を経ること2年。満を持して、スティーブン・スピルバーグがVRをモチーフにした作品を発表した。そもそもここ数年、映画とVRの関係性はどのような歩みを見せていたのだろうか。映画ジャーナリスト 立田敦子氏に聞いた。

スピルバーグが考えるVR空間の中身

テキサス州オースティンで、3月10日から開幕した世界最大規模のクリエイティヴ・ビジネス・フェスティバル「SXSW(サウスバイサウスウエスト)2018」。11日(日)は、イーロン・マスク(テスラCEO)が登場したことで話題を呼んだが、同日、同じく長蛇の列を作ったのが、映画『レディ・プレイヤー1』のワールドプレミアに先立って始まった、同作品のVRエクスペリエンスだ。

当記事は「HILLS LIFE DAILY」(運営:コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

『レディ・プレイヤー1』は、VRゲーム内を舞台にしたアーネスト・クラインのベストセラーSFを、スティーブン・スピルバーグが映画化した話題作である。

かつて『アバター』(監督:ジェームズ・キャメロン / 2009)が3D映画の嚆矢となったように、本作品が「映画 × VR」表現のひとつの試金石となる。

「SXSW、映画、VR」で思い出されるのが、昨年、『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』(主演:トム・クルーズ)のプロモーションとしてSXSW2017で開催された「The Mummy VR Experience」だ。同プロモーションを現地で体験した映画ジャーナリストの立田敦子氏に、当時の様子を聞いた。

次ページ「映画とVR」の流れは2015年頃から
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。