「暗闇フィットネス」が日本で成功した3理由

羞恥心を感じさせない空間力がポイント

FEELCYCLEは全国に29店舗を展開するバイクエクササイズ。カロリー消費量は1レッスン800kcalで、有酸素運動と無酸素運動を交えて運動効率を高めるプログラムは、全身のバランスよく引き締め効果が期待できる。六本木ヒルズ店は朝7時台の利用者も多い。(写真:FEELCYCLE Roppongi)

大音量のクラブミュージックにDJ風のコール、天井に回るミラーボールにスポットライト……。ここはクラブ?と見まごうような、"暗闇“ワークアウトスタジオが人気沸騰中。まだ足を踏み入れたことがない人も、一度体験すればきっとハマる"暗闇”の魅力に迫ります。

暗闇トレーニングの効果

「FEELCYCLE」「junp one」をはじめ、暗闇エクササイズのパイオニアとして、エクササイズに新しい文化を切り開いてきた株式会社ベンチャーバンク。ホットヨガ「LAVA」の成功でも知られる、エクササイズ界の革命児だ。

当記事は「HILLS LIFE DAILY」(運営:コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

それにしても、暗闇エクササイズの快進撃たるやすごいものがある。2012年に立ち上げた「FEEL CYCLE」は現在全国に29店舗、2016年~の「JUMP ONE」は都心部を中心に6店舗。新たなブランドとして2017年にエアドラムなどを取り入れた「BURNES STYLE」を、さらにEMSスーツ着用ワークアウトの「EVOLV」を立ち上げている。

いま若い世代を中心に大人気の暗闇トレーニングについて、ベンチャーバンクの経営企画室PR戦略グループマネージャーの下渡恵子さんに話を聞いてきた。

次ページそもそもなぜ暗闇トレーニングだったのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT