大統領への「忠誠心」がない新国務長官の実像

かつてはトランプ氏を猛烈に批判

今回の公聴会で、ミュラー特別検察官の捜査に関して、いろいろ追及を受けたとき、ポンペオ氏は、こう言うべきではなかったか。「私の尊敬する母校ハーバード大学ロースクールのアラン・ダーショウィッツ名誉教授のご意見を今後参考にして、さらに一層勉強に励みたいと思う」と。できる法律家ほど、生涯、「法の学徒」でもあるというのは、米国社会の常識である。

ダーショウィッツ名誉教授の名を出せば、その後の民主党上院議員たちの、非常識なほどに執拗で、かつ無数かと思うほど数多い、ミュラー特別検察官の捜査をめぐる質問を未然に防げたはずだ。そうしなかったポンペオ氏は、ネゴシエーターとしても、未熟だと筆者は判断している。

ポンペオ氏は、国務長官として指名承認されるかどうか、彼自身心配のあまり、ヒラリー・クリントン元国務長官にも、公聴会の前に相談したと、米メディアが伝えている。トランプ大統領のライバル中のライバルであるヒラリー氏に相談して助けを求めること自体、もはやトランプ大統領への真摯な忠誠心という点で落第点をつけられても仕方あるまい。

国務長官としての力量はあまりにも未熟

トランプ大統領は、ウォール街でもネゴシエーションの天才として高く評価されている。それに比べてポンペオ氏の交渉力、国務長官としての力量はあまりにも未熟と言わざるをえない。

昨年夏、ティラーソン国務長官解任の後継者としては、ニッキー・ヘイリー国連大使の名前が挙がり、いつのまにか、その名前は消えてしまったが、トランプ大統領の選択肢として、ポンペオ氏以上にシャープなヘイリー氏が念頭にあるのではないか。

トランプ大統領の自然な持ち味であるスピード人事から考えれば、ポンペオ氏は「短期・中継ぎ」(ショートリリーフ)役で、そのあとにヘイリー氏を含めて検討するというオプションが加わったともいえる。ただ、このままポンペオ氏が新国務長官に就任すれば、まずは同氏のトランプ大統領への忠誠心の強化が不可欠ということになる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT