超タカ派揃い「トランプ外交チーム」の危険度

米朝首脳会談にちゃんと備えられるのか

次期国務長官に指名された元CIA長官のマイク・ポンペオ氏(写真:Leah Mills/ロイター)

トランプ米大統領は、ティラーソン国務長官とマクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)を解任。ポンペオCIA(米国中央情報局)長官と外交タカ派のボルトン元国連大使が後任に納まった。これが意味するのは、米国安全保障政策の優先順位や態勢に重大な転換が起きているということだ。トランプ氏によって、ただでさえ危険になった世界はさらに危ないことになりかねない。

トランプ政権では、海外首脳への個人攻撃は日常茶飯事である。密接な同盟国への態度もころころ変わるので、ドイツのメルケル首相をはじめとする欧州の各国首脳は、米国との同盟関係はもはや当てにならないと見なしている。

ポンペオ、ボルトンの危機管理意識は?

その結果、米国が一方的に行った外交的な決定の影響を中和しようと、各国首脳は一段と抵抗を強めており、国際的な協調関係にもひびが入っている。米国がTPP(環太平洋経済連携協定)とTTIP(大西洋横断貿易投資パートナーシップ協定)から撤退したのは、その最も顕著な例だ。トランプ政権がこれらを“小国による陰謀”だとして一蹴しなければ、TPPとTTIPによって米国の世界的な指導力は一層強固なものとなったはずなのだが……。

こうした中で、ティラーソン氏とマクマスター氏は悪戦苦闘してきた。ティラーソン氏はろくな成果を上げることができず、彼の持つ内気さと傲慢さが致命的な組み合わせであることをあらわにした。フリン氏に急きょ取って代わったマクマスター氏は、トランプ氏と気脈を通じることができず、まったくのお手上げという感じだ。

対照的に、ポンペオ氏とボルトン氏はトランプ氏と意気投合しているのが見て取れる。ただ、2人の危機管理能力は未知数だ。米国の世界的指導力の低下を食い止める能力となればなおさらである。

次ページポンペオ、ボルトン氏はどんな人物か
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT