「ソフトウエアのテスト」が重要度を増す理由

SHIFT社長にロングインタビュー

様々なソフトのテストを専門に手掛けることで急成長を遂げている(写真:Signifiant)

IoT化が進む今、PCや携帯情報端末、金融機関のATMはもちろん、家電や自動車、ドローンなどにもソフトウェアが組み込まれています。しかし、人間が記述したプログラミングに欠陥があれば、ソフトウェアが正常に作動しない恐れが出てきます。今後、自動車の自動運転が実用化されれば、ソフトの誤動作は人命に関わる重大事に発展する可能性もあります。2014年11月に上場したSHIFTは、そういったリスクを回避すべく、様々なソフトのテストを専門に手掛けることで急成長を遂げている企業です。同社の概要や強みや今後の展望などについて、丹下大代表取締役社長に話を伺いました。

当記事はシニフィアンスタイル(Signifiant Style)の提供記事です

2005年9月設立のSHIFTは、ソフトウェア開発の最終工程において不可欠なテスト(正常に動作するかどうかの確認作業)を専門に請け負っている。そして、開発当初から不具合を未然に防ぐための措置を講じるコンサルティングにも注力し、テストや品質保証のための体制構築支援、自動テストのためのスクリプト 作成業務などを提供。2017年8月期は人材採用コストが影響して前期比で減益となったものの、その一方で大幅増収を遂げており、ビジネスは順調に拡大中。2017年8月期の売上高81億7400万円、営業利益3億9100万円。証券コードは3697。

最終工程のテストのみならず、コンサルティングも展開

小林賢治(シニフィアン共同代表。以下、小林):まずは、御社のビジネスの概要についてご説明願います。

丹下大(SHIFT代表取締役社長。以下、丹下):当社が手掛けているのはソフトウェアのテストで、このビジネスに特化してから8年程度になります。銀行や証券会社などの基幹システムや、 ERP(企業資源計画)、会計システム、ECサイト、モバイルアプリ、ソーシャルゲームなどがテストの対象です。

小林:ソフトウェアのテストとはどういったものなのか、専門外の人にもわかるように教えていただけますか?

丹下:完成後にソフトが正しく動作するかどうかのチェックを行うというのがその1つです。もっとも、それはあくまで対処法にすぎません。こうしたテストはソフトの開発工程の中で最も下流に位置するため、瀬戸際で不具合を発見できるものの、上流の工程で発生するバグ(プログラム上の欠陥)を未然に防ぐことにはつながらないのです。そこで、力を入れているのがコンサルティングサービスです。不具合が出ないような仕様書作りなど、これまでのテストで培ってきた知見やデータを元に、上流の工程からソフト開発に携わっています。ソフトの開発はV字モデルと呼ばれる手順に沿って進められていきますが、僕たちはその全行程における品質に関わっているわけです。

次ページ効果的なテストを実施している
人気記事
トピックボードAD
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。