元ソニーのエンジニアが職場で人気なワケ

ソニー製品のことなら何でも知っている?

ITエンジニアの世界では転職は割と多くあります。ぼへちゃんの職場にも転職してきたエンジニアはたくさんいます。その中には、大手メーカーから転職してきた人もいます。

最近一緒に働いている同僚は、元ソニーのエンジニア。ということは、ちまたに出回っているソニー製品の開発に関わった人です。話を聞いてみると、どうやらソニーのテレビ「ブラビア」の開発チームにいたそうです。

ぼへちゃんの職場でもブラビアを買った人は結構います。あのテレビを作った人が、同じ職場にいるというのも、すごいことです。ブラビアに限らず、ソニー製品のお世話になっている人は数知れず。通勤中にウォークマンで音楽を聴いたり、ソニーのハンディカムでビデオを撮ったり。元ソニーのエンジニアさんならソニー製品に詳しいはず!ということで、ぼへちゃんの職場では質問攻めになりました。

「おすすめのヘッドホン、教えてもらえますか?」

「今使っているハンディカムの調子が悪いんですけど、ちょっと見てもらえませんか?」

「うちのブルーレイレコーダーも修理できたりします?」

挙句の果てには「プレステVR手に入らないんですけど、なんとかなりませんか?」という、ちょっと無茶なお願いまで。

そのメーカーのエンジニアだからといって、すべてを知っているわけではありません。なのに、いろいろな製品に精通しているに違いないと思ってしまうものなのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。