ヤフー週休3日が手放しに羨ましくないワケ

休めばその分だけ仕事が大変になってしまう

先日、ヤフージャパンから「週休3日を検討中」というニュースがありました。AIや機械学習の技術が進歩してきたことにより、単純な作業はコンピュータに任せられる時代がやってきました。

人間はよりクリエーティブな仕事を担当すべきで、社員により多めの休みを与えて、自分の興味あることを勉強する時間に費やしてもらえれば、より生産性を高めることができるのではないかという考えのもと、検討されているようです。

確かにヤフージャパンのようなWeb系のIT企業では、新しい発想で企画された新サービスを提供し、PVを上げることが業績アップに大変重要。そのための創造性を社員に求めるということなのでしょう。

それにしてもこの週休3日、ちまたのサラリーマンたちからも「とてもうらやましい」という声が上がっているようです。

ぼへちゃんの職場でも話題になっています。もう1日を何曜日に休むか。増えた休日をどう過ごすか。そのうち週休4日になるかもしれません。ぼへちゃんの会社、別に週休3日を検討中じゃないんですが、もう職場は大盛り上がりです。

ですがよくよく考えてみると、週休3日になるということは、今の業務を週4日で終わらせないといけないってことですよね。システム開発も締め切りのある仕事。休んだらその分遅れます。

いくらAIが発達したとはいえ、まだまだ人がやらなくてはならない仕事はいっぱい。ちゃんと3日休めるようにするのは大変かもしれません。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。