「広告詐欺」との戦いは善戦?それとも苦戦?

戦いの現状を示す4つのグラフ

アドフラウドの現状は?(写真:yatta / PIXTA)

業界は対策に取り組んでいるものの、アドフラウド(広告詐欺)はいまも大問題だ。

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

英国の調査会社ジュニパー・リサーチの推計だと、2018年は、広告主全体で1日当たり5100万ドル(約54億円)がアドフラウドによって失われる見込みだ。年間総額は190億ドル(約2兆円)。ニューズUKやフィナンシャル・タイムズなどは、アドテクスタックを調査したところ毎月多額の収益が失われていることが判明し、アドフラウドの取り締まりを強化しているパブリッシャーもある。一方、P&G、ユニリーバ、スコットランド王立銀行などでは、予算の使われかたをマーケターが注視するようになり、マーケティングの内製化が広がっている。

この記事では、4つのグラフからアドフラウドの現状を読み解く。

アドフラウド問題が大きいOTT

米DIGIDAYが報じたように、動画はお金が集まり、詐欺師にとって極めて魅力的になっている。これから5年間で動画広告支出が大きく増加する見込みのOTTだが、フラウド防止アドテク企業のピクサレートによると、人間でない無効なトラフィックの温床にもなっている。コネクテッドTVやOTTのブログラマティック販売された動画広告は2017年10月、5件に1件以上(20.4%)が無効だと測定された。

(Source: Pixalate)
次ページGoogleは悪質広告をトラッキングするリソースを強化
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT