「広告詐欺」との戦いは善戦?それとも苦戦?

戦いの現状を示す4つのグラフ

BuzzFeed Newsが報じたように、LinkedInやYouTubeなどのプラットフォームは、トラフィックの「洗浄」に使われる可能性がある。無効なトラフィックにポップアンダー広告とリダイレクトを使って、より本物らしいものにするのだ。プラットフォームが責任を持たなければいけないアドフラウド戦術は多い。

守勢のGoogle

Googleは圧力の高まりを受け、同社のポリシーに違反しているいわゆる悪質広告をトラッキングするリソースを強化した。悪質広告によるパブリッシャー収益減を防ぐのに役立つ、ページ単位の執行などの新技術を導入し、また、デジタル広告のエコシステムのさらなる反映と詐欺防止のため、広告主のポリシーを28件、パブリッシャーのポリシーを20件、それぞれ追加した。さらに、悪質広告を削除する専任者を拡充し、広告の削除またはブロックが2015年の7億件から2017年には32億件に増えた。2018年6月には、暗号通貨関連のコンテンツに関する広告をすべて禁止する計画だ。

(Source: Google)
次ページ力を入れる業界団体
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。