失恋で泣いている若手社員への正しい対処法

深入りせずにさらっと流せば良い

職場の20代に「失恋して仕事が手につかない」と言われた(イラスト:OCEANS)
30代~40代のビジネスパーソンは「個を活かしつつ、組織を強くする」というマネジメント課題に直面している。ときに先輩から梯子を外され、ときに同僚から出し抜かれ、ときに経営陣の方針に戸惑わされる。しかし、最も自分の力不足を感じるのは、「後輩の育成」ではないでしょうか。20代の会社の若造に「もう辞めます」「やる気がでません」「僕らの世代とは違うんで」と言われてしまったときに、あなたならどうしますか。ものわかりのいい上司になりたいのに、なれない。そんなジレンマを解消するために、人材と組織のプロフェッショナルである曽和利光氏から「40代が20代と付き合うときの心得」を教えてもらいます。

「若者の恋愛離れ」は本当?

20代の若者の嗜好について、さまざまなアンケート調査がありますが、そこではよく「若者の××離れ」として、我々オッサン世代であれば必死に飛びついていた欲望の対象に対して、若者がそれほど興味関心を持たなくなった、離れていっているという結果が出ています。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

例えば、「クルマ」や「お酒」、「海外志向」などから若者が離れているとされており、そのうちのひとつが今回のテーマの「恋愛」です。我々オッサン世代(今の30代、40代以上)は成人時に6割以上の人に恋人がいたが、今の20代は4割しかいなかったという調査もあります。しかし、20代は直近の記憶ということもあり正確だが、オッサン世代は大昔の記憶を「盛っている」可能性もあるでしょう(少なくとも私を含め、私の周囲には6割もいなかったはず……)。

一方、若者の恋愛離れは底を打ち、成人時に恋人がいる人の比率も上昇してきているという調査もあり、どちらが真相かはあまりはっきりしません。恋愛ドラマの視聴率がなかなか取れないというのも、恋愛適齢期をとうに過ぎ去ったオッサン世代がテレビのメインの視聴者になるにつれ、若者の恋愛事情を見せつけられてもムカつくだけでつまらないと考えれば当然で、これが若者の恋愛離れと言えるかは微妙です。

そんなことから、私は、「恋愛」についてだけは、「離れている」「興味関心がなくなってきている」というのはやや疑問に思っています。そもそも生殖本能に紐づくものですから、時代が変われども、そんなに簡単に「恋愛したくない」とはならないのではないでしょうか。私の経験でも、この四半世紀に渡って新卒の採用面接をしてきて、「一番頑張ってきたこと」を「恋愛」だとする学生はいまだたくさん存在します(面接で恋愛の話をするのはできればやめて欲しいのですが……)。

次ページ恋愛をしたいと思う若者の絶対数は、昔からあまり変わらない
関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。