日産「セレナe-POWER」乗ってわかった実力

アクセル操作で加減速を自在にコントロール

現行5代目セレナに高度な運転支援技術である「ProPILOT」が搭載された(筆者撮影)

今も昔も、日産自動車が販売戦略で使うキーワードには勢いがある。筆者の一押しは「技術の日産」だが、近年ではあの矢沢永吉さんによる「“やっちゃえ”NISSAN(2015年の日産CMより)」のフレーズがその代表格といえる。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

時にその表現はストレート過ぎるのではないかと感ずるが、日本自動車販売協会連合会(自販連)による2018年1、2月ともに乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車を除く)では、日産のコンパクトカー「ノート」が1位、ミニバン「セレナ」が4位に入っており、一定のユーザーからの支持を得ていることがわかる。

2016年8月、「同一車線自動運転技術」というこれまた話題性のあるキーワードとともに、現行5代目セレナに高度な運転支援技術である「ProPILOT(プロパイロット)」が搭載された。ProPILOTとは、①アクセル&ブレーキ操作を併用した前走車追従機能であるアダプティブ・クルーズ・コントロール機能と、②車線中央付近の走行をサポートする車線中央維持機能の組み合わせである。

「セレナe-POWER」を導入した

そして今度は、そのセレナに電動駆動車である「セレナe-POWER」を導入した。

ProPILOTボタン(筆者撮影)

e(electric)-POWERという言葉の響きから、その先にEV(電気自動車)があることをイメージしやすい。これは多くのユーザーにとって新鮮だった。「セレナ」に先立ってe-POWERを搭載した「ノート」では、後述するe-POWER Driveがもたらす回生制御による減速性能や駆動用モーターがもたらす滑らかな走り、そして誰にでもメリットとして捉えられる優れた実用燃費数値が支持され2月以降も販売台数を伸ばしている。

次ページe-POWERとは何者なのか
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。