三菱「エクリプスクロス」乗ってわかった本質

公道で見えたのは「上質感」のある走りだ

三菱自動車が正式発売した新型車「エクリプスクロス」(筆者撮影)

日本のみならず、世界の自動車市場でSUV(スポーツ多目的車)の人気が高まっている。2010年、全世界におけるSUV市場は1047万台程度であったものが、2018年には2800万台(出典/HIS Automotive)に届こうかという勢いにまで成長している。

コンパクトSUVが着実に市場規模を拡大している

中でも着実に市場規模を拡大しているのが、三菱自動車が3月1日に国内で正式発売した新型車「エクリプスクロス」が属するコンパクトSUV。特徴はボディサイズが比較的小さいことだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

もっともコンパクトSUV が“小さい”といっても車幅は1800㎜クラスで全高にしても1600㎜を越えるものが大半。よって日本では3ナンバーになるが、全長が日本の道路運送車両法における5ナンバーサイズ(小型自動車/4700mm以下)にとどまっている車種が多いことから、狭い街中でも運転や駐車がしやすい。これは欧州でも言えることで、諸外国の都市部では駐車スペースが思いのほか狭いため、全長の短さが日常の使い勝手を左右する重要な要素のひとつになっている。ちなみにエクリプスクロスのスリーサイズは全長4405×全幅1805×全高1685mmだ。

また、ボディサイズがコンパクトであることから駆動方式を4WDとしても車両重量がそれほどかさまず1500~1600kg台にとどまる。よって排気量のそれほど大きくないエンジンでも、アクセルレスポンスに優れる小径ターボチャージャーやハイブリッドシステムを組み合わせることで十分な走行性能を発揮する。加えて小さな排気量は自動車税でも有利だ。

「エクリプスクロス」は前輪駆動のFFモデルと4輪駆動の4WDモデルを用意する。すでに、この「自動車最前線」でも数回登場している話題の一台なので素性はご理解いただいているかもしれないが、簡単におさらいしたい。

次ページ4WDモデルは
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
米国で「電動スケーター」が沸騰

「電動キックスケーター」のシェアサービスが、渋滞解消への期待を集めている。 乗り捨て自由、GPS搭載だからアプリで場所がわかる。ウーバーがベンチャーに出資、投資熱も高い。