前走車の自動追従が開く「自動運転」の入り口

「ボタン一つで目的地へ」はまだ時間がかかる

自動運転は今後どうなっていくのでしょうか(写真:トヨタ自動車)

完全なる自動運転ができる車は販売されていない

ガソリンエンジンで走る自動車が誕生してから約130年の歴史のなかで、完全なる自動運転ができる車は販売されていない。人がまったく運転操作に介在しない自動走行状態こそ“実験”と名のつく世界では50年以上前から成功していても、誰もが購入できる市販車としては販売されていないのだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

この先、人工知能の開発が急ピッチで進めば、2020年には自動運転技術を搭載した車両が販売できると断言する自動車メーカーもある。たしかに、高速道路や限られたエリアでの走行という条件がつけば、それは2020年を待たずして可能だろう。

ただ、拙著『2020年、人工知能は車を運転するのか 自動運転の現在・過去・未来』でも触れているとおり、他車や歩行者との共存が求められる実際の交通環境において安全を担保するとなると実現の難易度は上がってしまう。とはいえ、技術革新の力はすさまじい。いずれ人が介在せずとも自動走行が行える車両は販売されるはずだ。

そうなると、今度は“人と機械の歩み寄り”という別の課題が発生する。過去130年は人の手による文字どおりの「手動運転」時代であった。それが通信技術の高度化、詳細な道路情報などを含めたビッグデータの普及、そして精度の高い人工知能によって「自動運転」時代へと移り変わろうとしている。

自動運転の本格的な普及には国主導のインフラの整備が伴うことから大きなビジネスチャンスとして捉える向きもある。また、技術の普及にはロードマップが描けていることから、進捗具合から想定し実現まであと何年、といった計算式も成り立つ。しかし、そこには大切な“人の存在”が欠けている。

次ページ「SAE自動化レベル」が世界の共通言語
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。