疲れない体を作る「葛西式」下半身ストレッチ

「3つの筋肉」をほぐし、柔軟性を高めよう

「下半身の柔軟性」を高めるストレッチとは?(撮影:今井康一)
史上最多の計8回の冬季オリンピック出場を果たし、現役のスキージャンプ選手として世界中から注目を集める葛西紀明選手。41歳で自己最高の「個人銀メダル」を獲得し、45歳の今なお一線級の成績をマークする葛西選手は「レジェンド」と称され、国内にとどまらず海外でも尊敬を集めている。
その葛西選手が35年間「企業秘密」にしてきた「疲れない体」と「折れない心」のつくり方を余すことなく1冊にまとめた新刊『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』には何が書かれているのか。新刊の内容を再編集しながら、その極意を紹介していく。

「とにかく筋トレすれば」と思い込んでいた20代

『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』は、12万部のベストセラーになっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「オリンピックで金メダルをとりたい」「いい結果を出したい」という気持ちから、20代、30代のころは、とにかく「がむしゃらに努力」をしていました。

トレーニングも「筋力」をつけるためのものを優先していましたが、40代が近づくと、20代のころに比べてケガが増えたり疲れがとれにくくなり、「20代と同じやり方を続けてはいけない」と痛感しました。

そのため、「どんなトレーニングがいいのか」いちから見直し、「下半身の筋肉をほぐすストレッチ」を重点的に取り入れたところ、歩行やランニングなど、体を動かすことが、どんどんラクになっていきました。

また、メニューにストレッチを今まで以上に取り入れ「下半身の柔軟性」を強化したことで、飛行中の姿勢制御や着地時の安定感にもつながっていきました。

みなさんも実感しているかもしれませんが、年齢を重ねると、衰えてくるのは「筋力」だけではありません。年齢とともに「柔軟性」も衰え、それがケガや代謝の低下を招いたり、「疲れやすい体」を作る原因にもなっていたりもします。

では、「下半身の柔軟性」を高めるには、どんなストレッチを行えばいいのか。今回は、私が実践している「最強のストレッチ」を紹介します。

次ページ「3つの筋肉」をほぐそう
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT