「貯金」と「ダイエット」両方で大成功する方法

まったく正反対のようで、実は共通点が多い

今回の私のダイエットでは「あすけん」という、アプリケーションを使いました。このアプリは、食事の記録をすると足りない栄養素や、1日に摂取しても良いカロリーを助言してくれるとても優れものです。普通に毎日の食事を記録するだけなのですが、食生活や摂取カロリーへ意識が向き、食事の取り方が大きく変わりました。

記録をつけて、使い方を考えることで「貯まる体質」に

これは、「家計簿をつけることは、レコーディングダイエットに似ている」という話とも共通性があります。

私はアプリに記録することで自然と食べ物のカロリーに意識が向き、「この内容でこのカロリーなら、自分にとってお得なのでは」(低カロリーなのに食べ応えがある)と考えるようになりました。

もちろん、おカネは家計簿をつけるだけでは貯まりません。記帳することで自分のおカネの使い方に意識が向き、「より納得がいくものにおカネを使っているのか、慎重に考えるようになる」と、貯まっていくのです。

漫然と過ごしているとやせることが難しいように、関心も持たずにおカネを貯めていくことは難しいです。おカネに意識を傾けて、関心を寄せることで、その内容を吟味するようになります。定期的に自分のおカネの使い方を振り返り、しっかり分析をし、おカネへの関心を高められれば、貯められる習慣作りに役立ちます。

恥ずかしながら、今回なぜダイエットを始めたかというと、ある日久し振りに体重計に乗ったら、思っていた体重よりも10キログラムも太ってしまっていることに気がついたからです。

おカネに関心を持たなければ貯まらないのと同じように、長い間、体重計にすら乗らず、関心を持たないというのは、本当に怖いことだと感じました。おカネも「増減の逆」はありますが、「グングン度」は同じ。関心を寄せていないと気がついたら貯蓄が減っていることはよくあります。おカネが底をついたり、借り入れが膨らむなど、お尻に火がついたことでようやく目覚め、急激な家計改善に成功している例は本当に多いです。もちろん、将来を見越した際に今のままでは足りないと気づく優秀なタイプの方もいます。

次ページいつ「おカネがかかる」のか、あらかじめ知っておく
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT