「貯金」と「ダイエット」両方で大成功する方法

まったく正反対のようで、実は共通点が多い

ガッチリ貯金するのとダイエットするのは、まったく正反対のようで、実は似ている。どういうことなのか(写真:Ushico/PIXTA)

貯金は、ダイエット(=減量の意味で使われることが多い)に似ているとよく言われます。「頑張りすぎると、反動がきてしまう」「人に話すと、続けやすくなる」などの共通点が多いからでしょう。一方で、おカネと体重の話は真逆だとも言えるかもしれません。おカネは、油断するとどんどん減っていくのに対して、体重はどんどん増えていくからです。

私事で恐縮ですが、今回、6キログラムのダイエットに成功しました。「6キロくらい簡単じゃないか」と言われそうですが、私の身長は144センチメートルなので、結構頑張ったと胸を張れるかもしれません。そこで、改めて「貯金とダイエットはそっくりだ」と感じたポイントを、太ってしまっていた自省を込めてお伝えしてみようと思います。ダイエットに成功する力があれば、貯金もできるし、貯金ができればダイエットもできると思うのです。

ダイエットも貯金も「まず始めなさい。話はそれからだ」

ダイエットを始める前の私は、「ふくよか」になっていたにもかかわらず「洋服が似合わない」などの見た目の不満を、加齢のせいにしている節がありました。「やせたからといって、解決する問題ではないよね」などと、心のどこかで考えていたのです。

ところが、実際に6キロ減量できてみると、「すっきりしましたね!」とのお褒めの言葉が、かなりの数に! なぜ言い訳をせずにもっと早く「まずやせてみること」をしなかったのかと、猛省しました。

実は、貯金についても似た感情によく遭遇します。「100万円くらい貯めても、なんの足しにもならない」「不安を感じているのは、貯金がないことだけが原因ではない」、といった気持ちです。

しかし、このように感じている人でも、実際にまず100万円貯めてみると、大きな安心感を得られることは多いです。私もそうでした。100万円を貯めたことがきっかけになって、ゆとりが芽生え、健康や働き方など、より良い暮らし方への知見が広がっていく人もいます。金銭的な不安感を少しでも感じているのであれば、まずは今からすぐに貯めてみる。そうすると、本当の問題を見つけられたり、意外と今の環境を一気に打破できたりすることも多いのです。

次ページおカネを貯めるための一歩をどうやって踏み出すか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。