東京の「独身が住む区」は男女でこんなに違う

江戸川・葛飾・足立区は断トツで「男余り区」だ

住居は必ずしも賃貸とは限らず、持家である場合もあります。同じ2013年「住宅・土地統計調査」から単身世帯の男女別各年代別の持家比率を見てみると、30代までは単身男性の方が持家比率は高いのですが、40代前半で男女の比率が同じになり、40代後半では単身男性25%に対して、単身女性32%と逆転します。それ以降の年代は単身女性の方が常に持家比率が高いままで推移します。

私は、かつて結婚する意思の低いソロ女にインタビューした時がありました。その定性調査でも「40代になって結婚を断念した未婚の一人暮らしのソロ女は、家を買いがち」という傾向が顕著だったことを思い出します。

低収入の男性と高収入の女性が生涯未婚に陥りやすいという現実は、以前『女性が直面する「稼ぐほど結婚できない」現実』という記事でも書きました。一人暮らしの未婚女性が増えているということは、それだけキャリア志向で経済的に自立している未婚女性が増えているという証拠でもあり、この層は「自分より収入の低い男性と結婚するくらいなら、一生未婚でいい」と考える傾向もあります。

だからこそ、自分のソロ活動人生を謳歌するために、住みたいエリアに住む。場合によっては、ローンを組んでマンションなどを積極的に購入する。そのために20代のうちから貯蓄に励むソロ女も多いことでしょう。

未婚単身男女に広がる格差

一方で、40歳になっても非正規雇用などで低収入の男性は、持家購入など夢のまた夢です。自分の収入の範囲内で住めるエリアを探せば、必然的に家賃の低い下町エリアしか選択肢が残されていません。家賃・水道光熱費と食費を合わせたら可処分所得のほとんどを使い果たし、貯蓄するゆとりすらないという状態なのです。

40代未婚の一人暮らしという同じ境遇であっても、内実は両極端の格差が開いていると言えますし、高収入・アップタウン在住のソロ女と低収入・ダウンタウン在住のソロ男というふたつの層は、マッチングすることもないどころか、出会うことすらあり得ないわけです。職場も遊ぶ場所さえ違うわけですから。

東京23区の未婚一人暮らし男女それぞれの住む場所の違いから見えてくるのは、可視化されない「身分・階級の違い」なんではないでしょうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。