「小泉小委員会」は結局、何を議論したのか?

アドバイザー・石川善樹氏が振り返る

……とはいえ、何だったのでしょうか(笑)?! 一言で言うには、あまりに色んな議論をしたのですが、要するに「これからの時代における個人と社会のありかたを、日本人としてどうとらえなおすのか?」ということが主たるテーマだったのだと思います。

石川 善樹(いしかわ よしき)/ 予防医学研究者。ハビテック研究所長。1981年、広島県生まれ。東京大学医学部健康科学科卒業、ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学で博士号(医学)取得。「人がよりよく生きるとは何か」をテーマとして、企業や大学と学際的研究を行う。 専門分野は、予防医学、行動科学、計算創造学など(撮影:今井康一)

たとえば、22世紀にはおそらく、「人生100年時代」が到来しているでしょうと。そうなったときに、個人はどのように生きていて、国としてどのような社会設計が求められるのだろうか、といったようなことを議論しました。

しかし! ここでちょっと想像してみてほしいんですが、いったいどこぞの誰が、「人生100時代の国家戦略」を構想しえると思いますか?

……おそらく、誰であっても不可能ですよね。なぜなら、どれほど優秀ですばらしい人であっても、「限界」があるからです。そして、自分たちはどのような限界に囲まれているのかを、ことあるごとに突き付けられたのが、今回の500日の議論だったと思います。

その限界がどのようなものであったのかを知ることは、おそらく小泉小委員会の本質を理解するうえで役立つと思うので、その話をこれからしたいと思います。

まず先に結論から言っておきますが、「3つの本質的な限界」があったように思います。

限界 ① 人は何を知りえるか?(過去、現在、未来)
限界 ② 人は何をなすか?
限界 ③ 人は何を望みえるか?

……といわれても「なんのこっちゃ?!」と混乱されると思うので、1つずつお話しします。

人は何を知りえるか?(過去、現在、未来)

まず、「人は何を知りえるか?」という限界についてお話ししましょう。

わかりやすい話でいうと、今回は若手議員を中心として議論を進めたのですが、当然ながらベテラン議員と比べて、《過去》に関する情報の限界があります。それゆえ議論しようとしても、ベテラン議員から「そんなことは10年前にさんざん議論したことだ」と言われてしまうこともありました。

次ページ未来を想像するのは難しい
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT