チャーチルを「名宰相」たらしめた究極の選択

アカデミー賞受賞作でも描かれた緊迫の1日

近年の説によれば、チャーチルはこのとき疲労の兆しを見せていた。65歳の首相は、ブランデーやリキュールで英気を養いつつ夜明けまで働き、省庁に電話をかけて書類や情報を求め、大部分の正気な男性たちが妻とベッドに入っている時間に会議を招集して、スタッフや将軍たちの不評を買っていた。

チャーチルはビクトリア朝兼エドワード朝風の奇妙な装いで、黒いチョッキ、金時計の鎖、黒と灰色の縞模様のスラックスを着けていた。チャーチルは青白くて不健康そうだったといわれているが、それも事実だろう。葉巻、ひざの上にこぼれた灰、一文字に結ばれた口から垂れているよだれ、も追加しておこう。

ハリファックス提案への拒否

チャーチルがこの日の午後、閣僚にどのような姿で接したのか正確に知ることはできないが、おそらく次のような場面が展開されたのであろう。

彼はハリファックスに、冗談ではないと言った。議事録によれば

“首相は、「フランスの目的がムッソリーニ氏を私たち同盟国側とヒトラーとの間の仲介役にすることであるのは明らかだ」と述べた。首相は「イギリスをこうした立場に置いてはいけない」と考えていた。”

イタリアからの調停へのオファーなるものをイギリスが受け入れた瞬間、抗戦の原動力が失速してしまうことをチャーチルは察知していた。イギリスの頭上に白旗が目に見えないように揚がり、戦闘意欲が消失してしまうであろうことを。

そこでチャーチルはハリファックスの提案に否と答えた。首相が国家の存続の危機について言葉を発したのである。これで十分と思われるかもしれない。そう、ほかの国であれば、この時点で議論は終わっていただろう。

次ページ立場の弱かった英国宰相
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。