チャーチルを「名宰相」たらしめた究極の選択

アカデミー賞受賞作でも描かれた緊迫の1日

チャーチルは演説をまるでシェークスピア劇のクライマックスの場面のように終えた。

私が一瞬でも交渉や降伏を考えたとしたら、諸君の一人ひとりが立ち上がり、私をこの地位から引きずり下ろすだろう。私はそう確信している。
この長い歴史を持つ私たちの島の歴史が遂に途絶えるのなら、それはわれわれ一人ひとりが、自らの流す血で喉を詰まらせながら地に倒れ伏すまで戦ってからのことである。

英国最高の指導者・チャーチル

室内にいた男性たちはこの演説に非常に感動して喝采し、歓声を上げた。走り回って、チャーチルの背中を叩いた人物もいたという。チャーチルはこれでもかというほど議論を劇的に仕立てあげ、一人ひとりに訴えたのであった。

ドイツとの交渉に応じるか否か。これは外交問題などではなかった。自分たちの国を守り通すか、あるいは自分の流した血にむせ返りながら死ぬかの選択だった。戦いの前夜であった。チャーチルは原始的な、部族的な方法で閣僚たちに訴えたのだった。戦時内閣が午後7時に閣議を開始すると、すでに議論は終わっていた。ハリファックスは議論を降りた。チャーチルが内閣から圧倒的な支持を得たからだ。

本記事は『チャーチル・ファクター』(邦訳はプレジデント社、上の書影)を再構成したものです(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

イギリスは戦う。交渉はしない。その決断から1年以内に3万人に及ぶイギリス人男性、女性、子供たちが殺害された。ほとんど全員がドイツ人の手によって。屈辱的な和平か罪なきイギリス国民の大量殺戮かの選択肢を前に、「交渉をしない」という選択ができるチャーチルのような気骨ある政治家を現代において想像するのは難しい。

しかし1940年においても、これほどの指導力を見せることができる人は考えうるかぎりほかにいなかった。

ハリファックスよりも正しく事態を把握していたチャーチルは、交渉を拒絶することによってイギリスにも大量の戦死者が出ることを覚悟していた。戦い続けることは恐ろしい結果となるだろうが、降伏はさらに悪い結果をもたらすだろう。そのことを理解できるほど大きな、ほとんど無謀ともいえるような、道義心と勇気を彼は持っていた。チャーチルは正しかった。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。