カーリング、「メガネ先輩」の意外な経済効果

オリンピック特需が続々と生まれている

平昌オリンピック、カーリング女子決勝戦での韓国チーム(写真:アフロ)

17日間の熱い戦いを繰り広げた平昌冬季オリンピックが2月25日に幕を閉じた。

参加国92カ国中30カ国がいずれかのメダルを獲得。開催国の韓国も史上最多の17個のメダルを獲得し、7位だった。オリンピックの高揚した雰囲気と成功裏に終わったという安堵感が今、韓国に漂っている。

そんなオリンピックの高揚した雰囲気が残る韓国では今、”オリンピック特需”が続々と生まれている。なかでも、大旋風を巻き起こしているのが、韓国カーリング女子史上初のメダル(銀)を手にしたカーリング女子チームだ。

「メガネ先輩」が一躍人気に

選手たちの出身地がニンニクで有名なことから「ガーリックガールズ」や全員キム姓から「チームキム」と呼ばれ人気の彼女たち。ひときわ人気を呼んでいるのが日本代表との準決勝の一戦で藤沢五月(ふじさわ さつき)選手とスキップ対決をしたキム・ウンジョン選手だ。

そう、あの「メガネ先輩」の愛称で知られた、ポーカーフェイスの選手で、「メガネ先輩」は韓国でも大ヒットした日本のバスケ漫画「スラムダンク」のキャラクターから付けられたものだ。

メガネ姿がひときわ人気になったスキップのキム・ウンジョン選手(写真:ロイター/アフロ)

カーリング女子日本代表の「そだねー」と同じように、韓国ではそのキム・ウンジョン選手が試合で指示を出す時に連呼していた「ヨンミ~」という言葉が大流行。

「ヨンミ」はリードのキム・ヨンミ選手の名前で、「もし(こんなに人気になると知っていたら)ソンヨン(サード)も呼んだり、キョンエ(セカンド)とも呼んだのに」(中央日報2月28日)とウンジョン選手は話している。

この「ヨンミ~」人気にあやかって、ロッテワールドでは3月18日まで、「ヨンミ」の名前と一文字でも重なれば自由利用券を半額とするキャンペーンを実施。LCC(格安航空会社)のティーウェイ航空では、3月6日まで応募者の中から名前がヨンミと確認された先着200名にソウルと名古屋往復チケットが当たるイベントを開催する。こうした「ヨンミマーケティング」もさかんになっており、町中ではヨンミと同名の顧客を無料にするイベントを行っている飲食店も見かける。

次ページ一躍スター選手に
関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。