いのちを救う先端技術 医療機器はどこまで進化したのか 久保田博南著

いのちを救う先端技術 医療機器はどこまで進化したのか 久保田博南著

バイタルサイン(生命兆候)を把握する医療機器は医療には不可欠で、この100年の間、長足の進歩を遂げた。新潟県中越地震のがけ崩れ現場で男児救出に活躍したのは、遠隔で心臓の鼓動などを感知する最新装置だった。心電計は心臓を動かす電気信号を測るが、逆に電気信号を出せば心臓の動きを保つペースメーカーになる。

さらに、高電圧の電気刺激をするAED(自動体外除細動器)は止まった心臓を動かし、昨年の東京マラソンで2人を救った。ほかにも、より正確な測定方式の血圧計や体温計など新技術開発が続けられている。

医療機器研究に携わった著者が、研究史などを交え、生命を守るために必要な医療機器の仕組みを解説する。

PHP新書 756円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。