25歳前後で「早婚する女子」たちの実態と本音

未婚化、晩婚化の中で生まれる「新しい潮流」

にわかに広がる「早婚女子」の実態に迫る(写真:EKAKI / PIXTA)

若者の未婚化、非婚化と言われて久しく経ちます。国勢調査を見ると、1990年の25~29歳の男性の未婚率は64%、女性は40%だったのに対し、2015年に25~29歳の男性は73%、女性は61%と大幅に上昇したことがわかりました。

「女性はクリスマスケーキ。25歳を超えたら売れ残り」という、今だと大きな問題になりそうな言葉が当たり前のように使われていた1990年には、25~29歳の女性の間では既婚者が多かったのに対し、今は結婚していない人が多数派になっています。

さて、こうした若者の未婚化、非婚化の根太いトレンドが存在する中、一部の若年女子たちの間で新しい結婚に関する現象が芽生えつつあるかもしれません。

今回はこうした現象について、若者研の現場研究員がレポートします。

知られざる「早婚」女子たちの実態

以前この連載で、若者の間で「求婚男子」が急増中との記事を掲載した。その風潮が一部の女性にも現れ始めている。20代半ばなど、学生・社会人数年目で結婚する「早婚」が一部の女性に広まりつつあるのだ。

今回レポートしてくれる若者研究所の現場研究員たち。写真左より、五十嵐健祐(明治大学2年)、中村麻人(法政大学3年)、佐藤美梨 (慶應義塾大学1年)

いったい何が起きているのか?若い女性たちの間で広がる「早婚」の実態を取材した。

【早婚女子・対象者1】

東京都生まれの女性Aさん、26歳。都内の大学を卒業後、地方都市でマスコミ関係の仕事をしている。

彼女には県内の違う地域に住む、遠距離婚中の夫がいる。会社の同僚である夫とは、26歳で結婚した。「今はお互い仕事があり2週間に1回会う週末婚みたいな形。でも最初からそれは覚悟していたから問題はないです。もちろん一緒に住めるに越したことはないですが」。

次ページ会社の同僚と26歳で結婚したTさん
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。