25歳前後で「早婚する女子」たちの実態と本音

未婚化、晩婚化の中で生まれる「新しい潮流」

相手が住んでいた家の契約更新に伴い新しい家を探しはじめたことが、結婚のきっかけになったという。その時点で相手はいずれ仕事で1年間海外に行くことが決まっていたため、賃貸にすると礼金敷金が無駄になってしまう。そこで2人でマンションでも買おう、そのローンを組むには結婚したほうが得だよね、と話が進んでいったのだそうだ。

今回、「早婚女子」という前提のもと取材を申し込んだが、Eさん自身もやや「早婚」と感じているようで、「25歳なら少し早いかな。20代前半は早い、後半でかけこみ という印象」と言っていた。

結婚後の生活については、メリットしか感じないという。「結婚ってもっと、夫婦がいつも一緒にピタッとくっついているイメージでしたが、実際はそうでもなく、いい意味で意外でした。恋人ではないので、駆け引きやけんかで感情的になって別れることもありません。夫婦になって『彼は必ずここにいる』という安心感が生まれました」。

最後Eさんに、夫婦とは何かを尋ねた。「もちろん愛しているけれど恋愛ではない。今は一緒に夫婦を運営する仲間、チームだと思う」と言っていた。

早婚=ゆるキャリ思考ではない

ここまで、5人の女性のインタビューを通じ、早婚した人の現状を伝えた。家庭と仕事に関する考え方について、最近の20代とそれ以前の世代では少し変わってきていると感じた方もいるのではないだろうか。

当然ながら、早婚することによるリスクがないわけではない。いちばんの懸念は、早婚によって仕事上のキャリアがどうなるかという点だ。

結婚したことだけで生活は大きく変わらないとしても、出産すると子育てのために残業ができないなど、時間の制約が大きくなる。若いうちは残業もいとわず自分の時間をすべて仕事に捧げる人も多い会社員である場合などは、仕事の経験やキャリア構築に差がつく可能性はないとは言えない。

ただしここまで見てきたように、彼女たちは仕事に対する意欲が低いわけでも、辞めることを望んでいるわけでもないのだ。仕事が本格的に忙しくなる前に若いうちに結婚したいという人も今回紹介したように、早婚=ゆるキャリ思考(バリバリとは働かない)と考えるのは早計だ。

未婚化、少子化が問題になる日本だが、若者たちに話を聞くと、結婚への意欲がなくなっているわけではないと感じる。むしろ人生を長期的に見て設計するからこそ、生活を安定させるためにも、関係性が比較的対等な相手と早めに結婚するという選択をする女性たちがいるのだ。

次ページ「早婚女子」が生まれる背景
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT