「カレーを1からつくる」とはどういうことか

米も野菜も肉も食器もつくってみた

はじめは150人ほども詰めかけた人気ゼミだが、やがてどんどん人が減ってくる。正直なものである。

まあ無理もない。読んでいても「確かにちょっとそこまでできないよ」と言いたくもなる。が同時に、それはとりもなおさず、どこかで誰かが私たちの「できないよ」を変わって担っているからなのだと気づかざるをえない。

「ゼロ」ではなく「一」

関野教授は「一から作る」という。実はこの何気ない一言が大切なのだ。

“一から作るカレーライス。じつは、この「一から」という言葉には、関野さんの自然を敬う気持ちがひそんでいる。どういうことかというと、私たちは自然のものを「ゼロから」作ることはできない。種から植物を育てることはできる。生まれた動物を大きく育てることもできる。でも、何もない「ゼロ」から、種や命を生みだすことはできない。だから、始まりは「ゼロ」ではなく「一」なのだ。自然が生み出す大事な「一」”

ああ、「一から作る」という段階で、もう恩恵を受けているのか。そうだったのか。それは十分な恩恵である。最後まで残った学生たちは、一皿のカレーライスを目指していよいよ奮闘していく。

そして、育てた命を食べる時、最大の葛藤が訪れる。学生たちの議論は、自分もその中にいるような気持ちで読んだ。

“「殺す」という言葉はショッキングに聞こえるが、関野さんによると、「自然に死んだ動物の死がいを食べる民族は、世界中どこにもいない」そうだ”

命を貰い受けることから逃れた民族はいないらしい。そこから目を逸らす民族はいるかもしれないが。

『カレーライスを一から作る』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

さて、紆余曲折あって、最後にどんなカレーライスが出来上がったか。きっちり調理し、しっかり食べるまでがミッションだが、最後の最後まで一筋縄でいかない。さて、その味は、本書を読んで想像してほしい。一生に一度の一皿だったことはまちがいない。

本書には学生たちの迷いや戸惑いや決意が、ありのままに書かれている。一緒に参加しているような気持ちで読んだ。そして、料理を作る時、いままでよりはちょっと、食材を丁寧に触るようになった。科学は発展し、社会システムは複雑化し、あらゆるものが便利になって、何がどうしてこの世がまわっているか、もはやすべてがブラックボックスの中である。が、心の片隅にでも「ゼロではない、一」を感じておきたい。そう思わされるのだった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。