「自分はバカだ」と言う子に親ができること

子どもの自己肯定感を上げる「10の言葉」

この10のマジックワードは、次のような要素を持っています。

◆あなたのお陰・感謝
◆予想以上に驚いた
◆軽い感じの承認
◆「もともとあなたはすごい」ということを知っていることを感じさせる

このような要素の言葉をかけられて、うれしくないはずはありませんし、子どもの自己肯定感が上がらないはずはありません。

一方で、このような言葉を発する親の立場はどのようになっていると思いますか? 上から目線の言葉にはなっていませんよね。親子といえども、上から目線の言葉は、プラスの言葉であっても、マイナスの言葉であっても、子どもは素直には受け取らないという傾向があります。親子が同等の立場とは言いませんが、少なくとも上から目線にはなっていないということは重要なことだと考えています。

短い言葉のほうが、心に残っていく

それともう1つ、ここに掲げた10の言葉は、いずれも単純明快な言葉です。意味がわからないという人はいないことでしょう。そして、いずれも、短い言葉となっています。この短いということが重要なのです。

通常、親はあれこれ“しつこく、くどく”言ってしまいがちです。話が長いときは、相手はほとんどその内容を聞いていません。ですから頭に残らないことが多いのです。何が残るかといえば、「もう聞きたくない」という気持ちです。ですから、言葉というものは、「短い」ほうがいい場合があります。

短い言葉であれば、相手は、その言葉以外の部分を「想像」します。すると、その想像部分も含めて言葉が心に残っていくのです。たとえば、次のようなケースを考えてみるとわかるでしょう。

例1)「あなたは頑張ればできるんだから……(さらに頑張っていない原因や、どうすればいいか対策まで話す)」(×)
例2)「あなたはバカじゃないよ……(バカではない理由を話す。さらに親は熱心に子どもを信じているということを滔々と語る)」(×)
例3)「〇〇(子どもの名前)らしくないね~」(○)

例1や例2は、頻繁に使われている典型的「励まし」パターンです。しかし、話が長すぎて、子どもは実際にはほとんど聞いていません。親は熱心なのかもしれませんが、主役である子ども自身が、主体的にならなければ何も変わりませんね。

このように、短い言葉である10のマジックワードをぜひ、使ってみてください。お子さんの変化に驚かれることでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT