「iPhone中毒」対策は、アップルの責任なのか

大株主が公開書簡で提案したこととは?

たとえば、2人の子どもがいる家庭でGoogle Wi-Fiを導入し、それぞれのデバイスに名前をつけておけば、Google Wi-Fiアプリの上で、そのデバイスを簡単に特定できる。

Google Wi-Fiの設定画面。たとえば、子どものデバイスをグループ化した「child」を作り、 就寝時間前後のネットアクセスを制限する設定を行うことができる(筆者撮影)

子どものデバイスをすべて1つのグループにまとめ、夜9時以降はネットへのアクセスを禁止する、というスケジュールを設定しておくことができる。もちろん子どもにそのことを伝えておき、ルールの中で利用することを学んでもらうことも重要だが、夜中までビデオを見たり、友達とチャットをすることを防げる可能性が高まる。

また、食事中は大人も含めて、あらゆるデバイスのアクセスを禁止するという家庭ルールを決めた場合でも、Google Wi-Fiアプリからボタン1つで実現することができる。しかも、1時間後に自動的に復帰させることができるため、オンラインにし忘れた、ということもない。

アップルが販売するWi-Fiルーター「AirMac」の設定アプリにも同様のアクセス制御の機能は用意されているが、スマホアプリから手軽にスケジュールを組み、またいっせいに切断・1時間後の復帰、といった操作に対応するGoogleの製品のほうが、家庭のルールを細かく設定でき、こうした用途に向いている。

「家族単位」は2018年のテーマか

今回の公開書簡以前から、アップルは家族単位でアップル製品を活用してもらう取り組みを始めていた。

iCloudでは家族メンバーを設定することで、共有カレンダーや写真アルバムを自動的に作ることができ、App StoreやiTunesで購入したアプリや音楽、映画なども、家族が再購入することなく利用できる。また2017年に配信されたiOS 11からは、iCloud追加ストレージも分け合えるようになった。

購読型音楽サービスApple Musicでは、サービス当初から、月額980円の個人プランに加えて月額1480円のファミリープランを用意し、家族6人まで登録して利用することができる

このことから、アップルが家族でのiPhone利用を促進し、強固なユーザー基盤の1つとして活用していることが透けて見える。であればこそ、家族の中で生じるiPhoneやiPadを使ううえでの問題点、すなわちスマホ中毒やスクリーンタイム削減への対策は、今年すぐにでも取り組むべき課題だ。

幸いなことに、iCloudの設定には、「家族」という単位がすでに存在している。この機能を拡張しながら、コンテンツのアクセスやデバイス利用時間の管理などの機能を追加することで、ジョナサン・アイブ氏がいう「使いすぎ」という間違った使い方を避けるデザインを実現していくことができるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT