「金の食パン」で起きたパラダイムシフト

発売4カ月で1500万個。大ヒットがもたらした業界の変化

だが、今回のように、「金の食パン」を追いかけるようにして、山崎製パンの「ユアクイーンゴールド」が登場したことで、これまでの通例が崩れ始めたともいえる。「今後はこういった真似される商品、潜在的なニーズを掘り起こす商品を作りたい」(鎌田氏)と意気込む。 

低価格化も限界、今後は高価格帯で競争激化も

一方、ナショナルブランドの食パン販売は低調だ。13年の上半期(1月~6月)、山崎製パンの食パンは前年割れ(前年比97.2%)。販売数量はほぼ横ばいだが、昨年から続く低価格競争が足を引っ張った。食パンは製造効率がよく、利益率の高い商品だけに、製パン各社としても悩ましいところ。山崎製パンの「ユアクイーンゴールド」は、単価の底上げを狙ったテコ入れ策の一つだ。

爆発的なスタートダッシュを見せた「金の食パン」だが、販売数量は6~7月をピークに、現在ではやや落ち着きを見せている。そこでセブンは早々とリニューアルを実際。10月から原材料の配合を見直して売り出すほか、新たに10月後半、「金のロール プレーン」を食事パンのラインナップに加えた。

ナショナルブランドの食パンが低価格競争で苦戦する一方、PBの高級食パンがヒットを飛ばす。だが、そうした動きをパンメーカーが静観する余裕はないはず。消費者のニーズが読みにくいなか、新たな需要の取り込みに向けて、メーカー、小売りの開発合戦は激しさを増しそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT