創業100年「TOTO」が成長し続ける根本理由

TOTO社長「M&Aも、優れた経営者も不要だ」

TOTOの喜多村円社長は「僕という個人が名経営者である必要はない」と強調する(撮影:今井康一)

それでも今、10年後や20年後の責任を負う意思を持つ。「あの時代の商品はダメだった」と言われないように経営する。そういうトップの思いを代々つないでこられたことが、TOTOのガバナンス(企業統治)の強さです。

――会長や相談役として経営に長く関与する仕組みは作れます。自己承認欲求という観点でいえば、自らの手腕をずっと認められたいと経営者が考えるのは、自然な欲といえます。

あえて欲求というなら、「TOTOは素晴らしい会社だと言われたい」という気持ちがありますね。だけどそのために、僕という個人が名経営者である必要性はありません。せいぜい後の社員から、「喜多村くんの始めたことが、今実っているね」と言われたいぐらいです。

同業買収をやらない理由とは?

――社長が超長期的な視点に立って行動すれば、社員もうまずたゆまず頑張る?

間違いなくそうだと思う。そしてファンを作るというのは本来的に、そういう作業じゃないですか。社員もTOTOファン。もちろんお客さんにもTOTOをずっと好きでいてほしい。こういう社内外のファンを大事にすることは、1代の社長で終わる営みではありません。

うちの商品は毎年買い換えるものではありません。新しい機能が付いたからとか、ブームだからとか、短期的な視点で買われるものでもありません。長年使った後に「次もTOTO」と言ってもらえるかどうか。わが社にとって商品は売って終わりではなく、売ってから後にこそ試されるのです。10年後、20年後まで高い品質とサービスを担保し続けなければなりません。

この考え方が、うちが企業買収をやってこなかったことにも通底しています。

――競合企業と比べると、本当にやりませんね。

「同業を買収して傘下にブランドを増やせば、売り上げと利益が増える」と言う投資家もいます。でも僕はそう言われるたびに、「それは誰のため?誰が喜ぶの?」って聞くんです。お客さんは、年商1兆円の会社だから商品を買う、数百億円だったら買わないって判断しますか? 違いますよね。商品がいいかどうかでしょう。だったらTOTOは、いい商品を作ることを一番大事にしたい。

次ページ「経営理念は上に立つ人間が理解すべき」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT