貯金しながら他人よりお金を幸せに使う方法

「地位財」という言葉を知っていますか?

フランクによると、超大金持ち層が地位財の支出を増やすと、それに続くグループが「置いていかれまい」として地位財の支出を増やし、さらにその次のグループも地位財の支出を増やし、……といった連鎖が起こり、その帰結として、中間層以下の生活者への非地位財(たとえば「余暇」)への支出が圧迫されて、多くの人の幸福度が低下する現象が起こるのだという。

競争から「意識的に降りる戦略」を持とう

フランクは、消費行動の分析におけるJ・S・デューゼンベリーの功績を高く評価している。デューゼンベリーは、低所得者の貯蓄率が低いことに関して「他の人たちの支出が増えれば、無理して追いつこうとするから」だという。

たとえば、就職の面接にあって高級なリクルートスーツが有効だとしよう。おカネ持ちのご子息様が、高いリクルートスーツで面接に臨むとするなら、おカネ持ちでない家の子どもたちも競争上スーツのグレードを上げざるをえないし、そうなると、貧困家庭の苦学生もリクルートスーツに余計に支出せざるをえない。

ちなみに、皆が同じくらいグレードを上げたスーツを着て面接に臨むなら、スーツへの支出は全体で増えているが、一人ひとりにとっての効果は以前と変わらない。皆でリクルートスーツのグレードを下げる同盟を成立させたり、あるいは、「高いスーツは無能の証明だ」といった世論を作ったりできると面白いが、そうはいかないのが世の常だ。

地位財に関する、この種の競争は、意識しない物についても方々に張り巡らされている。簡単ではないが、この種の競争の幾つかから、意識的に「降りる」戦略を持つことができると、同じ支出に対して幸福度を上げながら、必要な貯蓄が確保できる。もちろん、貯蓄は、「残ったら貯める」ではなく、計画的に「先取りして貯める」方式で行うのが正しい。

さて、「地位財を意識的に無視せよ」と言っておきながら、筆者は傾向的に浪費家であり、おそらく地位財に経済的な実力以上に支出している実感がある。

昨年のクリスマスには、息子のスマートフォンを買うついでに、自分もiPhone Ⅹを買った。実用的には、前の機種で何の問題もなかったことは言うまでもない。

次ページネットに顔あり、壁に耳あり、障子に目あり?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT